アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日々好日〜なにげない光景から
ブログ紹介
「楽しむ」、「地域密着」、「国際交流」を切り口に地域やベトナムで、子ども達へのフラッグフットボールの普及活動をしています。アセアンとのビジネスの勉強もしています。
zoom RSS

公的施設を観光資源に=官民連絡会議発足へ〜注目ニュース

2018/05/25 04:11
・シャープ、多言語スマホを貸し出し 外国人実習生受け入れ企業に【産経WEST】
外国人実習生が慣れない環境でスマホの個人契約をするのは難しく、企業が代わりに契約して貸与することで実習生の生活サポートやスムーズな業務連絡に活用できるようにするとのこと。英語や中国語、ベトナム語など8カ国語に対応したシャープのスマホとデータ通信用のSIMカードをセットで貸し出す。無料通信アプリなどを使って母国の家族と音声通話やメッセージのやりとりもできるそうです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・米、車輸入抑制の検討指示、安保理由、25%関税と報道【共同通信】
トランプ米大統領は23日、自動車の輸入増が安全保障上の脅威かどうか、ロス商務長官に輸入抑制策を含め検討を指示したと発表。商務省は安保上の脅威を理由に対抗措置を取れると定めた米通商拡大法232条に基づく調査を始めたそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・タオルの「今治」 中国企業の商標申請に異議申し立てへ【NHKニュース】

愛媛県今治市などによりますと、中国・上海にある赤ちゃん向けなどの家庭用品を販売している企業が、去年2月、「今治」の名称を商標としてタオル製品に使えるよう登録するため、中国商標局に申請。これに対し、今治市と市内のメーカーで作る今治タオル工業組合は、「『今治』は行政機関の名前で、日本一のタオルの産地で地域ブランドとなっている『今治タオル』の原産地として中国で広く知られた外国の地名であり、商標登録は認められない」として、25日、中国商標局に対し異議申し立てを行う方針を決めたそうです。続きは、【NHKニュース】で。

・公的施設を観光資源に=官民連絡会議発足へ【時事ドットコム】
政府は、広島県呉市の海上自衛隊呉地方隊や東京湾アクアラインの緊急避難通路など観光資源として潜在力のある約100施設を選定済み。旅行会社など民間事業者に情報を提供し、新たな活用方法を模索するそうです。続きは、【時事ドットコム】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


漁業権を再配分へ=養殖業への企業参入促進−水産改革〜注目ニュース

2018/05/24 08:57
・漁業権を再配分へ=養殖業への企業参入促進−水産改革【時事ドットコム】
漁業権は一定の水面で排他的に特定の漁業を営むことができる権利。特定区画漁業権はタイやブリなどの養殖業者を束ねる漁協へ優先的に与えられている。都道府県が権限を持つが、未利用水域を含め、どの水域をどの養殖業者が利用するかは漁協に委ねられているため、漁協に加入していない企業などが参入することは難しいのが実情。水産庁は、水産資源の減少が懸念される中、水産物を安定的に供給できる養殖業への期待が高まるとみて、都道府県に対し特定区画漁業権を再配分させる。漁業者の高齢化や後継者不足もあり、同庁は企業などが新規参入しやすい環境を整備する必要があると判断。既存の養殖業者の利用に関しては、原則として継続を認める方向。詳しくは、【時事ドットコム】で。

・所有権放棄の仕組み検討を=不明土地利用促進で提言−自民特命委【時事ドットコム】

管理を行うことが難しい所有者が土地を手放し、受け皿となる団体が管理・利用できる仕組みや、長年放置された土地は所有権が放棄されたと見なす制度を検討する必要性を盛り込んだそうです。続きは、【時事ドットコム】

・サラリーマン川柳ベスト10発表、健康意識も行動ちぐはぐの句1位【共同通信】
「スポーツジム 車で行って チャリをこぐ」―が1位。続きは、【共同通信】ニュースで。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


若手農家は「生産性と所得向上を実現」 平成29年度版「農業白書」〜注目ニュース

2018/05/23 03:20
・うめきた2期 オリックス不動産、阪急電鉄など参加 コンペ募集終了 大阪駅北側【産経WEST】
平成36年夏の街開きを目指す「うめきた2期」のコンペには、1期開発を手がけたオリックス不動産と阪急電鉄、大阪ガスなどのグループ、大和ハウス工業などが参加。うめきた2期のテーマは「みどりとイノベーションの融合拠点」。広大な都市公園を設けるほか、健康・医療などに関する新産業創出の支援拠点などが入る予定。続きは、【産経WEST】で。
画像

・若手農家は「生産性と所得向上を実現」 平成29年度版「農業白書」【産経ニュース】
白書によると、28年の49歳以下の新規就農者数は約2万2100人と、3年連続で2万人を突破。若手農家の45・2%は27年に農産物販売額が1千万円を超えたのに対し、若手のいない農家では8割超が300万円未満だった。耕作地面積で比べると、若手は7割超が10ヘクタール以上を占めたのに対し、非若手は約8割が10ヘクタール未満だったそうです。 コメ農家の場合、若手の経営面積は27年までの10年間で1・5倍に拡大したのに対し、非若手は横ばいだった。若手ほど単位面積当たりの労働時間が短く、効率的に所得を得ている傾向も確認されたとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・図柄入り車ナンバー、41地域のデザイン決定=国交省【時事ドットコム】
10月ごろから交付。ご当地図柄入りナンバープレートは地域を象徴する観光名所や特産品が描かれているとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

・マグネシウム蓄電池 小型機器に搭載可能な試作品 県産業技術センターが開発【東京新聞】

次世代電池として期待される「マグネシウム蓄電池」の開発に取り組む埼玉県産業技術総合センターが、腕時計型コンピューターなどの小型機器に搭載可能な試作品を完成させたそうです。マグネシウム蓄電池は現在主流のリチウムイオン蓄電池よりも発火の危険性が低くて安全で、電池容量も大きく上回る可能性があるとのこと。マグネシウムの材料コストがリチウムの二十五〜三十分の一程度であることも魅力とされるそうです。続きは、【東京新聞】で。
画像

・社員の奨学金返済を一部肩代わり 大和証券【NHKニュース】
具体的には、奨学金の全額と同じ額を会社が社員に無利子で融資し、奨学金を一括して返済。これによって社員は金利部分を返済する必要がなくなります。そのうえで、社員から会社への返済は入社から5年間は猶予して、一定程度、給与が上がった6年目から始める仕組みです。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


”量子コンピューターに匹敵” 新型国産コンピューター実用化へ【NHKニュース】〜注目ニュース

2018/05/22 06:05
・ふすま貼り替え、歯ブラシデザイン…子供にものづくり体験施設、大阪・八尾【産経WEST】
体験型施設「みせるばやお」は、近鉄八尾駅前の商業施設「リノアス」の8階に開設。八尾市が借り上げ、市内の製造業者らが運営。企業の社員らが講師となり、ふすまの張り替えや、歯ブラシメーカーによる「オリジナル歯ブラシのデザイン」、ロボットプログラミングを学ぶ講座などを行う予定。続きは、【産経WEST】で。

・サバ養殖にもIoT 福井・小浜市などが取り組みスタート【産経WEST】

京都までサバを運んだ「鯖街道」の起点だった同市では2年前から同市田烏の漁港沖でサバの養殖が始まり、「新鮮で刺し身でも食べられる」とPR。今年度は9基のいけすを使って約1万匹を養殖しているそうです。養殖サバの安定供給、技術の伝承などを目的に、同市と県立大、通信大手の「KDDI」(東京)など産学官が連携したプロジェクト。養殖いけすに1時間に1回測定可能な装置を設置し、水温と酸素濃度、塩分濃度をモバイル回線でサーバーに送信。さらに漁師が餌の量や時間、場所などを情報端末に入力し、水温に合った餌の量、餌を止めるタイミングなどをデータ化し、関係者で情報を共有するとんこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・日航、農業事業に参入=体験型農園など運営【時事ドットコム】
農業ビジネスの「和郷」(千葉県香取市)と共同出資会社「JALアグリポート」を設立。新会社は、耕作放棄地を借り受けて、イチゴ狩りハウスを設置。さらにサツマイモ掘りや田植えの体験農場、飲食・物販施設を成田市内に2020年までに整備。、農産物の加工品は、日航の機内食やラウンジでも活用するそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・”量子コンピューターに匹敵” 新型国産コンピューター実用化へ【NHKニュース】
量子コンピューターは、カナダのベンチャー企業が、膨大な数の組み合わせから最適な解を選ぶ「組み合わせ最適化問題」の処理に特化したものをすでに実用化。富士通は、この「組み合わせ最適化問題」を従来の電子回路を使いながら、量子コンピューターに匹敵する能力で処理できるという新型のコンピューターを開発。量子コンピューターと違い、部品を超低温に保つ必要がないため、大がかりな装置がいらないのが特徴だということです。富士通では、人手不足が深刻な宅配業務を効率化するために最適なルートを選んだり、がん治療で放射線を当てる最も効果的な角度を決めたりする場合など幅広い分野で活用できるとして、2022年度までに1000億円規模の事業に成長させる計画だそうです。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シルバー人材センターに派遣労働の依頼殺到 4年で3倍以上〜注目ニュース

2018/05/21 11:21
・シルバー人材センターに派遣労働の依頼殺到 4年で3倍以上【NHKニュース】
4年間およそ73万人が会員となっているシルバー人材センターは、高齢者の生きがい作りを目的とした公益法人ですが、人手不足が深刻化する中、企業や自治体から仕事の依頼が殺到しているそうです。派遣労働の内訳は、スーパーでの品出しやレジ打ちなどの仕事が22%と最も多く、次いで工場での加工や運搬などが18%、介護施設や幼稚園の送迎が12%などとなっています。派遣労働が急増する一方で、会員の事故も増えています。去年、1年間に起きた派遣労働の事故は少なくとも473件に上り、4年間に6.5倍に増加しているとのことです。続きは、【NHKニュース】で。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


脱「トランス脂肪酸」広がる=健康志向でマーガリンなど−食品・外食〜注目ニュース

2018/05/20 03:47
・ウナギの高値続くか 養殖用稚魚は過去2番目の低水準【NHKニュース】
国内で消費されるウナギの大半は、例年、冬から春までに漁獲された稚魚のシラスウナギを養殖したもの。水産庁のまとめによりますと、先月までの半年間に国内の養殖池に入れられたシラスウナギは14トンと、この時期としては記録が残る平成18年以降、過去2番目に低い水準だったそうです。続きは、【NHKニュース】で。

・脱「トランス脂肪酸」広がる=健康志向でマーガリンなど−食品・外食【時事ドットコム】

マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」。摂取し過ぎると悪玉コレステロールが増え、心臓病などのリスクが高まるとされ、使用を制限する国も出てきたそうです。日本では規制はないが、健康志向の高まりに伴い、食品・外食企業でトランス脂肪酸の使用を減らす動きが広がっているとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オオカミの遠ぼえで撃退 農作物守る装置開発〜注目ニュース

2018/05/19 04:51
・ネットで外国人お試し採用 九電、ベンチャーと新事業【産経WEST】
九州電力とベンチャー企業「ワークシフト・ソリューションズ」(東京)は、企業が外国人を正式採用する前にインターネットを通じて「お試し」で仕事をして円滑な定着を実現するための実証実験を始めたそうです。ワークシフト社が運営する人材紹介サイトには、留学後に帰国した外国人や、海外在住の日本人など、約200カ国・地域の計約7万人の登録があるとのこと。海外進出を計画したり訪日外国人向けの事業を行ったりする企業が求める知識や経験を持ち、日本で就労を希望する人材をマッチング。実験では、翻訳の仕事や現地での商品相場をレポートにまとめるなど実際に日本で担う業務を外国にいながら体感でき、双方にとって利点が大きいということです。続きは、【産経WEST】で。

・30年代に完全自動運転社会 EU、工程表を発表【共同通信】
工程表によると、20年代に高速道路での自動運転や都市部での低速自動運転を実現し、30年代に完全自動運転が標準となる社会を目指すそうです。22年までに全ての新車を、通信機能を備えた「つながる車」とする。加盟国の安全基準統一などのための指針作りを18年中に開始するとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・ダイキン、ベトナム工場が稼働=エアコン年100万台生産へ【時事ドットコム】
住宅用エアコンを2年後に年100万台製造し、主に同国内で販売。経済成長と所得向上で個人消費の拡大が期待されるベトナムの国内需要をにらんだ日本企業の進出事例として注目されるとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・安全ジビエに認証マーク、普及拡大へ国が新制度【共同通信】
農林水産省は18日、適切な衛生管理や流通規格に従って野生鳥獣肉(ジビエ)を扱える食肉処理施設に「国産ジビエ認証」を与える制度を作ったと発表。消費者の安心感を高め、ジビエの普及拡大につなげる。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像

・シニア世代の採用加速へ コンビニ各社が使いやすいレジ導入【NHKニュース】
人手不足を補うため元気なシニア世代に働いてもらおうと、コンビニ大手各社はシニアにも使いやすい新型のレジを導入するなどして、採用を加速させているそうです。セブン−イレブン・ジャパンは、モニター画面に表示される文字をこれまでの1.2倍に大きくするなどして、シニア世代でも扱いやすくした新型のレジを先月までに全国に配備。ファミリーマートやローソンもシニア世代や外国人留学生でも使いやすいよう改良した新型のレジの導入を進めているそうです。続きは、【NHKニュース】で。
画像

・オオカミの遠ぼえで撃退 農作物守る装置開発【NHKニュース】
北海道の奈井江町の金属加工会社の「太田精器」が製作。「スーパーモンスターウルフ」と名付けられ、オオカミに似た形をしているそうです。シカなどが近づくと、装置の近くに設置したセンサーで感知し、首を振りながらオオカミの遠ぼえに似た音を出します。同じ音を出し続けるとシカなどが慣れてしまう可能性もあるため、複数のオオカミの遠ぼえを出すことができるほか、犬の鳴き声や人が叫ぶ声、それに爆竹の音など、58種類が収録されているそうです。すでに青森県のリンゴ農園で導入されているほか、アメリカやフランスなど海外からも問い合わせがきているということです。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


求む!外国人正社員〜注目ニュース

2018/05/18 03:41
・ワコール、製造工場の情報開示 国内外76カ所の労働環境の改善へ【産経WEST】
昨年1月、子会社が製造を委託しているミャンマーの工場が劣悪な労働環境にあると国際人権団体から指摘されたためで、サプライチェーン(商品の供給網)の透明性を高めて工場の労働環境の改善を図る狙い。公開したのは「ワコール」「ウイング」ブランドの下着を縫製する国内外の工場76カ所。今後「ルシアン」「ピーチ・ジョン」についても順次、公開するということです。続きは、【産経WEST】で。

・エンゼルス大谷選手の活躍で関空発など観戦ツアー相次ぎ登場 米国観光に再び脚光【産経WEST】
JTBは、米カリフォルニア州アナハイムの「エンゼル・スタジアム」で観戦できる関西国際空港発のツアーを4月27日に発売。日本語スタッフによる送迎サービスを付け、ナイター観戦後にホテルへ移動する不安を軽減。「予約は好調」(広報)で、4〜9月における関西発の米西海岸方面旅行は、前年同期の2割増で推移しているそうです。日本旅行は、観戦券付きツアーは料金が手ごろな7、9月催行の予約が伸びているそうです。阪急交通社も同様のツアーを急遽(きゅうきょ)投入。続きは、【産経WEST】で。
画像

・訪日客、早くも1000万人突破=史上最速、4月下旬に達成−観光庁【時事ドットコム】
5月13日に1000万人を超えた前年より約半月早く、過去最速のペース。日本政府観光局によると、1〜4月の累計は前年同期比15.4%増の1051万9300人。国際線の便数増加を追い風に、韓国や中国などのアジア圏のほか、欧米からの旅行客も増えたそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・政府、AI活用で人材育成策議論、「情報」を入試科目にと首相【共同通信】
政府は17日、未来投資会議を開き、人工知能(AI)やデータを活用して新しいビジネスを生み出し、人手不足などの社会問題を解決できる人材の育成策を議論。安倍首相は、プログラミングなどを学ぶ「情報」を、大学入試で国語や数学といった主要な試験科目に追加するよう林芳正文部科学相に指示したそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・求む!外国人正社員【NHKニュース】 
正社員の20%近くは外国人。大阪府東大阪市にある製造工場。世界で初めてブラウン管テレビの枠組みをプラスチックで大量生産した老舗企業「大阪銘板」。技能実習生を、10年ほど前からインドネシアや中国、ベトナムなどから実習生を受け入れてきました。時間をかけて仕事を教えても、独り立ちし始めるころに帰国してしまいます。金型の設計やプラスチックの形成など、日本人の技術者と同じような技能を持ち、会社の戦力になるまでにはもっと長い時間が必要です。そこで決断したのが、外国人を正社員として雇うことだったそうです。続きは、【NHKニュース】で。

画像

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


革新的技術を速やかに事業化へ 特措法が成立〜注目ニュース

2018/05/17 04:35
・ドコモ、大阪市内で自転車シェアサービス 23日から【産経WEST】 
新サービスは「大阪バイクシェア」。電動自転車は、まず大阪環状線内側のコンビニやドコモショップなど5カ所の専用駐輪場(ポート)に配備され、交通系ICカードを自転車にかざしたり、ネット上で取得した暗証番号を入力したりして利用。料金は30分あたり162円など。借りた場所と違うポートに乗り捨てもできるそうです。ビジネス利用や訪日外国人客の移動などを想定。来年度末までに約150カ所に拡充するとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・後継者を決めた企業4割にとどまる 大商支援へ【産経WEST】
大阪商工会議所の調査によると、社長が60歳以上の企業で「後継者はいる」と回答した企業は63・7%だったが、「既に後継者本人の了解を得ている」としたのは43・1%で、社長が70歳以上の企業でも48・9%にとどまったそうです。大商は事業承継に関する中小企業向けの相談窓口を29日に開設し、対策を急ぐ方針。親族や従業員を含めた円滑な事業承継を支援するとのことです。続きは、【産経WEST】で。

・共有オフィス「あべのトラス」オープン 奥村組【産経WEST】
共有オフィスのほか、最大100人を収容できるミーティングルーム、180席のセミナールームも備えている。奥村組では、アイデアを持った事業家が集まる場所として活用してもらえるようネットワーク構築の支援などに取り組む方針。同社は「起業、副業への関心が高まる中、天王寺・阿倍野地区がニュービジネスの拠点として発展するよう行政、大学との連携も積極的に進めていきたい」と話しているそうです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・夜の新パレードお披露目=立体映像で映画の世界再現−USJ【時事ドットコム】
新たな夜のパレードは、「ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ベスト・オブ・ハリウッド。一般公開は17日から。毎日1回、約600メートルのコースでパレードが行われるそうです。パレードの先頭は映画「ハリー・ポッター」に登場する蒸気機関車の「ホグワーツ特急」。トラックなどがロボットに変形して戦う「トランスフォーマー」、「ジュラシック・ワールド」、「ミニオンズ」も加えた4映画をテーマに、色とりどりの山車が登場。山車や周囲の建物に立体的な映像を映し出し、映画の世界を再現するそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・「日本製鉄」に社名変更=日本発祥を前面に−新日鉄住金【時事ドットコム】
新日鉄住金は16日、社名を2019年4月1日に「日本(にっぽん)製鉄」に変更すると発表。進藤社長は、「新日鉄と住金の統合から新たなDNAも入っており、日本発祥の製鉄会社として海外で事業展開するためには、より包摂的な社名がふさわしい」と説明。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・革新的技術を速やかに事業化へ 特措法が成立【NHKニュース】
16日参議院本会議で可決・成立した「生産性向上特別措置法」は、急速な技術革新で日本の産業競争力の維持が課題となっているとして、2020年度までの3年間に限定して施行。人工知能を活用した金融サービスや遠隔医療、それに高齢者や子どもの見守りサービスなど、革新的な技術やサービスを事業化しやすいよう、一定の条件を満たした企業の実証実験を規制の対象から外すとのこと。企業が法令違反を懸念して実用化が遅れることを防ぐのが狙い。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


近鉄、フリーゲージ開発へ 京都−吉野間直通目指す〜注目ニュース

2018/05/16 04:07
・近鉄、フリーゲージ開発へ 京都−吉野間直通目指す【産経WEST】 
実現すれば、京都や名古屋、伊勢志摩から世界遺産の吉野山(奈良県吉野町)へ、乗り換えなしでの移動が可能に。 同社は今後、国土交通省と相談しながら、他の鉄道事業者や車両メーカーと共同で技術開発を進める方針。続きは、【産経WEST】で。

・デンソーが居眠り検知装置 大型商用車に後付け可能【産経ニュース】
大型商用車は事故時の被害が大きい一方、長く使われ買い替えが進みにくいため、後付けの需要が大きいと判断。装置は箱状の本体を座席の下などに置き、配線でつながったカメラを運転手に向けて取り付ける。カメラが顔の向きや目の開き具合を測定し、居眠りや脇見を検知すると音声で警告するそうです。続きは、【産経ニュース】で。
画像


・中国、固定資産投資が減速、1〜4月、18年ぶりの低水準【共同通信】

中国政府は経済運営では、成長の速度よりも質を重視する方針を示しています。地方政府に対しては財政の健全化を求めており、公共投資などが減速し始めた可能性があるということです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・再生可能エネルギー普及へ 送電線の運用ルール見直しを【NHKニュース】
太陽光などの再生可能エネルギーの普及拡大に向けて、経済産業省は送電線の運用ルール見直しなどを盛り込んだ対応策をまとめたとのことです。それによりますと、太陽光などで発電した電力が十分に受け入れられない理由とされてきた送電線の問題については、今年度から運用ルールを見直し、空き容量を実質的に増やすとしています。また、太陽光発電の拡大に伴って2040年ごろに大量の廃棄が見込まれるパネルについて、リサイクル制度も検討すべきだとしています。
続きは、【NHKニュース】で。
画像

・ジャパンディスプレイ 4年連続の最終赤字 額は過去最大【NHKニュース】
国が90%以上を出資するジャパンディスプレイが15日発表した昨年度1年間のグループ全体の決算は、売り上げが前の年度から18.9%減って7175億円、最終的な損益は2472億円の赤字。これは、売り上げのおよそ8割を占めるスマートフォン向けの液晶パネル事業で受注が減少し、業績が低迷しているほか、生産体制の見直しや従業員の早期退職など合理化に伴う費用としておよそ1400億円の損失を計上したことが主な理由だそうです。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


健康寿命延伸へビジネス創出支援 京阪神3商議所、事業構想を発表〜注目ニュース

2018/05/15 05:06
・健康寿命延伸へビジネス創出支援 京阪神3商議所、事業構想を発表【産経WEST】
製薬やスポーツ用品といった、関西に集積する関連産業を結びつけるなどしてサポート。例えば、脳トレゲームと健康食品を組み合わせて認知症予防になる製品やサービスを考案し、高齢者らを対象に効果が確認できれば、自治体の福祉施設などに提案。商議所が連携して健康ビジネス創出を目指すのは全国初ということです。続きは、【産経WEST】で。
画像


・デジタル省創設を提言=情報通信行政の一元化−経団連【時事ドットコム】

IoT(モノのインターネット)やビッグデータを活用した産業、社会の急速なデジタル化に対応。行政の一元化を通じて、国境を越えたデータ流通の確保といった国際的な課題解決やルールづくりを日本が主導する体制の整備を急ぐ必要があると判断。続きは、【時事ドットコム】で。

・欧米路線でANAに対抗=日航、LCC本格参戦【時事ドットコム】

成田空港を拠点に東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に運航を開始。主戦場のアジアだけでなく、日本発着のLCCにはなかった欧州や米国本土へも飛ばし、LCC事業で先行するANAホールディングス(HD)に対抗。続きは、【時事ドットコム】


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


親の介護費用を補償 離職予防へ損保ジャパンが新保険〜注目ニュース

2018/05/14 03:30
・「定年65歳以上」の企業は約18% 10年で3倍に、人手不足など背景【産経WEST】
厚生労働省の調査によると、一律定年制を定めている企業のうち、定年を65歳以上としている企業の割合は昨年に17・8%にのぼり、17年(6・2%)よりも11・6ポイント上昇。 業種別の割合では、宿泊・飲食サービス業が29・8%で最も高く、ほぼ3割近くに。運輸や建設、医療・福祉などの業種も20%を超えたそうです。機械化が難しく、人手が必要になる業種ほど、定年を延長する傾向が強いとみられるとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・親の介護費用を補償 離職予防へ損保ジャパンが新保険【産経ニュース】
損害保険ジャパン日本興亜によると、介護が必要な人の約半数は、その介護費用を子供が負担しているという調査もあることから商品化。保険に加入しておくことで、巨額の介護費用を負担しきれず、自ら介護するために仕事を辞める必要がなくなるほか、企業も貴重な人材を失うリスクが低減できるとのこと。保険は同社と契約した企業・団体を通じ従業員が任意で加入する。親が要介護申請をしておらず80歳未満であることが加入の条件。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・北部拠点貨物港が開業=日本企業の輸出後押し−越ラックフェン【時事ドットコム】
ベトナム北部ハイフォンで、大型コンテナ船が寄港できるラックフェン国際港の貨物ターミナルが13日、開業。環太平洋連携協定(TPP)発効などをにらみ、多くの日本企業や韓国サムスン電子が生産拠点を構えるベトナム北部で輸出拡大の基盤を整えるとのこと。日本政府は、約1100億円の円借款で国際港と周辺の橋・道路の整備を支援。日本企業が2013年に始まった港湾工事を手掛け、商船三井、伊藤忠商事の参画する合弁会社がターミナルを運営。日越間では初の官民連携(PPP)型のインフラ整備事業。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・これまでは廃棄、キビ先端部から製品化へ 沖縄県農研センター開発 ミネラル豊富な黒糖に【琉球新報】
製糖業界では、梢頭部が混ざると黒糖は固まりづらく、品質が低下すると言われていました。収穫時に切り落とし、家畜のえさなどに活用。しかし沖縄県農業研究センターの前田剛希上席主任研究員らは「不要物」とされてきた梢頭部にミネラルなどを多く含むことを発見し、梢頭部汁入りの黒糖製造に取り組んだ結果、梢頭(しょうとう)部(先端部分)を搾った汁を使い、抗酸化成分のポリフェノールを多く含む黒糖の製造に成功したそうです。続きは、【琉球新報】で。
画像

・イオン ベトナム北部のハイフォンで6店舗目のモール建設【NHKニュース】
ベトナムで6店舗目となるこの店舗は、地上3階地下1階建てで、売り場の面積は7万4000平方メートル、再来年の開業を目指しているということです。流通業界では人口減少に伴って、国内市場の縮小が見込まれる中、経済成長が続く中国や東南アジアへの出店を加速させています。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


訪日客増加で不足のホテル オフィスビル転用物件が続々〜注目ニュース

2018/05/13 03:57
・訪日客増加で不足のホテル オフィスビル転用物件が続々 都市部、観光地で 注目集める開発手法【産経ニュース】
訪日外国人旅行者の増加などで都市部や観光地のホテル需要が高まる中、オフィスビルを転用した「コンバージョンホテル」の開業が相次いでいるそうです。日本土地建物が東京ドーム近くに開業するビジネスホテルの内覧会を開いたほか、金沢市でも高級カプセルホテル開業が発表されたとのこと。煩雑な手続きも必要な転用だが当面の安定収益が見込まれ、ホテル開発の一手法として注目が集まっているそうです。(写真)以前は企業の社長室だった部屋を作り替えたドーミーイン後楽園の客室続きは、【産経ニュース】で。
画像

・アフリカ観光に脚光=日本の旅行業界も熱視線【時事ドットコム】
政治経済の安定につれて旅行者数は着実に増加。アフリカ諸国は雇用創出の担い手として観光産業に注目。日本の旅行業界もアフリカに熱い視線を注ぐ。訪日客が急増する一方、日本人の海外旅行は停滞。16年の海外渡航者数は1712万人と、ピークだった12年を約140万人下回った。魅力的な観光資源を発掘し、旅への意欲をかき立てたい考えだとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・IT関連の海外人材確保へ調査、厚労省、年度内に報告書【共同通信】
厚生労働省が、国内で働く外国籍のシステムエンジニア(SE)やプログラマーの労働条件の実態調査に乗り出すそうです。海外との人材獲得競争に負けないため、受け入れ企業のニーズなどを把握し、企業と技術者との雇用のマッチング支援にもつなげたい考えだそうです。IT関連では今後さらに人材不足が深刻化することが見込まれていますが、少子化が進む国内での確保は難しさを増すことが予想されるとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


注目集める退職者の復職制度 即戦力に期待〜注目ニュース

2018/05/12 03:43
・注目集める退職者の復職制度 即戦力に期待【産経ニュース】
多くの企業で人手不足が深刻化する中、一旦退社した元社員を再雇用する復職制度に注目が集まっているそうです。新人教育が不要で、即戦力としての活躍が期待されるためだとのこと。人材採用会社のエン・ジャパンが発表した実態調査では、退職した社員を再雇用したことがある企業は72%を占め、2年前の調査は67%で、受け入れ実績は着実に増えているそうです。厚生労働省が4月に、経団連や経済同友会などの経済界に対し、退職者の再入社を可能にする制度策定を要請しており、取り組みが加速しそうだということです。続きは、【産経ニュース】で。

・中国首相、トヨタ製品を視察=安倍首相と先端技術体感−北海道・苫小牧【時事ドットコム】

今回の訪問は最先端のトヨタ製品を視察するのが目的。 李首相は安倍晋三首相と共に、豊田章男トヨタ社長の説明を受けながら自動運転やEVといった次世代車両を見学。水素で走る燃料電池車(FCV)の車内をのぞき込み、熱心に質問していたそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像


・地方銀行19行がタイでビジネス交流会【NHKニュース】

この交流会はタイの首都バンコクに拠点を持つ日本の地方銀行19行が共同で開いたもの。タイに進出している日系企業どうしを引き合わせて新たなビジネスにつなげてもらうのが狙いで、会場の各テーブルを参加企業が行き来して面談が行われたそうです。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スマホで注文→自宅に届く セブン、ネットコンビニを来年にも全国展開〜注目ニュース

2018/05/11 04:59
・JR西、瀬戸内で地域活性化プロジェクト【産経WEST】
「せとうちパレットプロジェクト」のは、サイクリングルートとして人気の高い「しまなみ海道」の玄関口となる尾道駅(広島県尾道市)は、レンタサイクル店やカフェ、自転車愛好家向けのホステルタイプの宿泊施設などが入居する周遊観光の拠点として建て替える。古民家を活用した宿泊施設、クルーズ船と鉄道を組み合わせた旅行商品、地域産品の海外向けにネット販売−など。続きは、【産経WEST】で。
画像

・スマホで注文→自宅に届く セブン、ネットコンビニを来年にも全国展開【産経ニュース】
利用者は専用アプリを使って商品を買う店舗を指定した上で、約2800商品の中から注文。配送時間は午前11時〜午後8時に1時間ごとに指定でき、注文から最短2時間で自宅に届くそうです。注文は24時間受け付けで千円以上から。配送料は216円だが、3千円以上買うと無料になるそうです。続きは、【産経ニュース】で。

・サウジ、日本人に観光ビザ発給へ【時事ドットコム】

来日中のスルタン王子は、日本人について「礼儀正しく、受け入れなければサウジが損をする」と述べ、日本人観光客は煩雑な手続きを経ずにビザを取得できる方向で議論が進んでいることを示唆。スルタン王子はサルマン国王の子息で、国家遺産観光庁長官を務めているとのkとです。続きは、【時事ドットコム】で。

・他行振り込み、いつでも可能に、10月から105行参加【共同通信】
他行への即時振り込みは現在、平日の午前8時半〜午後3時半に限られている。大手行や地方銀行など105行はこれを一律に午後6時まで拡大。さらに数十行程度は午後6時以降の夜間や早朝のほか、土日祝日にも広げる見通しだそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・全米で初 新築住宅に太陽光パネル義務づけ カリフォルニア州【NHKニュース】
カリフォルニア州は9日、2020年1月から州内で新しく建設される一戸建て住宅について、太陽光パネルの設置を義務づけることを決めたそうです。州によりますと、住宅の建設費用は平均で9500ドル程度、日本円にしておよそ100万円増えるということですが、長期で見れば光熱費が割安になるとして、全米初の取り組みに理解を求めているとのことです。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カシオ、コンパクトデジカメ撤退=20年の歴史に幕−スマホ普及〜注目ニュース

2018/05/10 04:31
・空飛ぶタクシー、機体公開 ウーバー、将来は自動操縦【共同通信】
米配車大手ウーバー・テクノロジーズは、2020年に飛行試験を始め、23年に実用化する計画。都市での利用を想定し、電気を動力源にして騒音や環境負荷を軽減。当初は人が操縦するが、将来は自動操縦を目指すということです。利用者は配車サービスと同じようにスマートフォンで予約。発着場所として高層ビルの屋上などを想定しているそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像

・カシオ、コンパクトデジカメ撤退=20年の歴史に幕−スマホ普及
カシオは1995年、個人向けデジタルカメラに液晶ディスプレーを採用した製品「QV−10」を世界で初めて投入。撮った写真をその場で確認できると評判を呼び、市場拡大の立役者となりましたが、17年度のデジカメ事業は2年連続の赤字に陥ったそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・ピーチ、万博誘致ロゴの特別機=大阪をアピール【時事ドットコム】
開催地が決まる11月まで全路線で運航し、大阪誘致をアピール。一般から公募した特別機の名前は「HONA IKOKA!」(ほな いこか)号。笑顔の輪をイメージしたロゴマークは、機体後方の両側面に描かれているとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


運賃不要でご乗車どうぞ、福岡、ベンチャー企業が計画〜注目ニュース

2018/05/09 08:53
・ワールドマスターズ活用しスポーツ観光の市場開拓を 関西同友会が提言【産経WEST】
具体策として、スポーツを目的とした有給休暇の取得促進や、企業が保有するグラウンドや体育館を地域に開放することを提案。訪日客誘致では、イベント開催地周辺の観光地のリストアップや、情報発信の仕組み作りを促したとのことです。続きは、【産経WEST】で。

・資源高などで大手商社5社が過去最高益更新【産経ニュース】 

最終利益順位では資源が強みの三井物産が3期ぶりに伊藤忠商事から2位を奪還。三菱商事は原料炭などの価格上昇に加え、アジア自動車販売や海外サケ・マス養殖事業も好調で10年ぶりに過去最高を更新。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・日航、新LCC設立へ=20年にも欧米路線【時事ドットコム】
2010年の経営破綻に伴って制限されていた路線開設や新規投資が17年春に解禁されたことを受け、LCC事業の拡大にかじを切るそうです。新LCCは東京五輪・パラリンピックが開催される20年にも欧米路線などの運航を始め、急増する訪日外国人客の取り込みを狙うとのことです。続きは、【時事ドットコム】で。

・運賃不要でご乗車どうぞ、福岡、ベンチャー企業が計画【共同通信】

福岡市のベンチャー企業「nommoc(ノモック)」n 計画では、携帯端末の専用アプリから届いた配車依頼を受け、同社のドライバーが利用者を乗せて目的地へ運ぶ。後部座席などに設けたディスプレーで、アプリ登録の際に利用者が登録した興味や関心に関する情報に沿って、スポンサー企業の広告を表示。搬送に関わる諸費用は広告料収入で賄うため、利用者は運賃を支払わなくて済む仕組みだそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


犬の腸内細菌群、人に類似=肥満対策研究などに有用−欧州研究所〜注目ニュース

2018/05/07 04:30
・犬の腸内細菌群、人に類似=肥満対策研究などに有用−欧州研究所【時事ドットコム】
犬の腸内細菌群の構成を調べたところ、医学の基礎実験に使われているマウスや豚より人に近いことが分かったと、欧州分子生物学研究所などのチームが6日までに英科学誌マイクロバイオームに発表。犬の祖先のオオカミは肉食ですが、犬は人類が飼いならし、同じような食べ物を取るのに適応。現代では犬も、人と同様に高齢化や肥満、糖尿病などが問題となっています。腸内細菌群の変化に注目した餌やサプリメント(栄養補助食品)の研究は、犬と人の両方に役立つということです。続きは、【時事ドットコム】で。

・日産 ヨーロッパでディーゼル乗用車の販売か【NHKニュース】
ドイツの「フォルクスワーゲン」が3年前に起こした排ガスの不正問題をきっかけに、ヨーロッパでは消費者のディーゼル離れが進んだうえ、各国でディーゼル車への環境規制を一段と厳しくする動きが相次いでいます。このため、日産はヨーロッパで販売する乗用車のすべての車種で次のモデルからディーゼルエンジンを搭載しない方針を固め、ディーゼル車の販売から段階的に撤退することになったそうです。続きは、【NHKニュース】で。

記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


訪日客を取り込め=外国人ドライバー増員−東京のタクシー会社、観光案内も〜注目ニュース

2018/05/06 04:33
・空の産業革命「ドローン宅配便」が実用化目前【産経ニュース】
農業分野では農薬散布に使うヘリコプターの数分の1の価格で購入できるドローンに関心が集まり、すでに約3000台のドローンが活用されているほか、土木測量ではドローンで空撮し、その画像データをコンピューターで分析する技術が注目を集め、国土交通省はICT(情報通信技術)を建設現場に導入する「i−Construction(アイ・コンストラクション)」を推進し、公共工事などでもドローンが活用されているとのこと。車での搬送が難しいような山間部での過疎地域の配送や買い物難民といわれるような高齢者向けの配達で活用が検討され、長野県伊那市は高齢者の買い物実験を行っているそうです。墜落のリスクや水に弱いという弱点をどう克服するかが大きなカギとなるが、本格的な実用化はもうすぐそこまで来ているそうです。詳しくは、【産経ニュース】で。
画像

・訪日客を取り込め=外国人ドライバー増員−東京のタクシー会社、観光案内も【時事ドットコム】
訪日観光客が増える中、タクシー会社「日の丸交通」(東京)は外国人ドライバーを増員してとのこと。中国やブラジルなど11カ国出身の23人が在籍し、今後も積極的に採用する方針。運転だけでなく観光案内サービスにも力を入れ、訪日客の取り込みを狙うそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・パックご飯の輸出支援=容器改良で賞味期限延長−農水省【時事ドットコム】
プラスチック容器などの改良費用を助成し、コメの味や品質を維持できる賞味期限の大幅な延長を目指す。店頭に並べることができる期間を延ばして現地の需要を掘り起こし、国産米の消費を促したい考えだそうです。パックご飯は炊飯器が不要で、味が安定しているのが特長。植物検疫の対象にならず、ほとんどの国に輸出できるそうです。訪日外国人の増加や日本食ブームを背景に、タイなどアジア向けの輸出が着実に伸びているということです。続きは、【時事ドットコム】で。

・スマートホテル相次ぎ開業 日本語が話せなくても大丈夫【NHKニュース】
ロボットが接客するホテルを各地で展開している大手の旅行会社は、先月27日に、東京・浜松町で新しいホテルの営業を始めたそうです。フロントには人型のロボットが備えられ、チェックインの手続きを英語、中国語、韓国語などで行えるようにしています。清掃作業などにもロボットを使い、ホテル業界で深刻になる人手不足の対策にもつながっているとしています。続きは、【NHKニュース】で。

・環境配慮のインフラ整備に新たな資金制度提唱 麻生財務相【NHKニュース】

具体的には日本の政府系金融機関、JBIC=国際協力銀行がADBや民間の金融機関とともに、協調融資を行うなどして資金を供給。風力発電や地熱発電、街全体で省エネ化を進めるスマートシティーなど、環境に配慮したインフラをアジアをはじめ世界各国で広げていくことを目指します。麻生副総理兼財務大臣は、ADB=アジア開発銀行の年次総会での演説のあと記者団に対し、「3年たったら壊れてしまう道路や流れてしまう橋が多くあるが、日本がつくった橋は壊れない。質の高いインフラは、壊れるたびに直す手間や資金もかからないので、経済協力につながっていく」と述べ、日本の技術力や資金力をいかしたインフラ整備でアジアをはじめ各国の経済発展を後押ししていきたいという考えを示したそうです。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


育て、未来の投資家=ゲームで体験、お金の増やし方〜注目ニュース

2018/05/05 03:56
・海外航空がビジネスクラスで日本食強化 「本当においしいと思えるものを」【産経ニュース】
日本発着便を運航する外資系航空会社が、ビジネスクラスで提供する日本食の質の向上に乗り出しているそうです。各社は競合他社との差別化のために取り組むサービス強化策の中でも、大がかりな機材変更を伴わない「食の充実」は短期間で実現できる施策とみて、力を入れているとのこと。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・通貨交換「円」でも 日本がシンガポール、インドネシアと合意【産経ニュース】
日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)は4日、財務相・中央銀行総裁会議をフィリピンの首都マニラで開き、金融協力の強化策を協議。日本はシンガポール、インドネシアとの間で、金融危機などで資金に困ったときに両国の通貨と引き換えに米ドルを提供する「2国間通貨スワップ(融通)取り決め」を見直し、日本円でも融通できるように改めることで合意。続きは、【産経ニュース】で。

・育て、未来の投資家=ゲームで体験、お金の増やし方【時事ドットコム】
ゲームを通じて子供たちの投資やお金に関する知識を深めようという試みが、広がりをみせているそうです。背景にあるのは、スマホ決済の普及による未成年者の契約機会の増加といった大きな環境変化。金融業界には、将来的に投資家の裾野拡大につなげたいのとの期待もあるとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

・60歳超の客室乗務員も働きやすく… 日航と全日空が制度導入へ【NHKニュース】
日本航空は、客室乗務員として働けるのは今は60歳までですが、希望すれば65歳まで飛行機に乗り込んで、機内で働くことができるようにするそうです。客室乗務員の半分以上は20代や30代ですが、ベテランのノウハウを生かしていくのが狙い。全日空はすでに60歳を超えても客室乗務員として働けるようにしていますが、今年度からは選択の幅を広げ、地上職として働き続けることも認めるそうです。また、いったん退職した人でも、本人が希望すればグループの別の航空会社に客室乗務員として再就職できる仕組みも整えたそうです。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日々好日〜なにげない光景から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる