訪日6千万人へ世界的ホテル50カ所整備 菅長官「財政投融資を活用」~注目ニュース

・銀行業界で広がる手数料引き上げ 預金口座も対象、収益厳しく【時事ドットコム】
みずほ銀行は11月、窓口での振込手数料を100~200円上乗せし、400~900円に改めたそうです。12月には三井住友銀行が301枚以上の硬貨を窓口に持ち込んで入金する顧客から手数料を徴収し始めたとのこと。三菱UFJは2年間取引がない不稼働口座から1200円の管理手数料を取る案を検討。既にりそな銀行や十六銀行、岡崎信用金庫(愛知県岡崎市)などが同様の手数料を徴収しているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・訪日6千万人へ世界的ホテル50カ所整備 菅長官「財政投融資を活用」【産経ニュース】
菅義偉官房長官は7日、外国人観光客誘致促進のため、多くのスイートルームを配置した「世界レベル」の高級ホテルを各地で50カ所程度新設する方針を明らかにしたそうです。「わが国は世界レベルのホテルが不足している。財政投融資を活用し、日本政策投資銀行による資金援助で全国各地に整備する」と述べたとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・川重 液化水素生成の新システム、商用化へ実証試験【神戸新聞】
川崎重工業(神戸市中央区)は5日、水素の新しい液化システムを開発し、播磨工場(兵庫県播磨町)で実証試験を始めたと発表。1日5トンの液化水素を生成。2020年5月まで運転した後、同年中にも国内メーカー初の商用化に乗り出すそうです。続きは、【神戸新聞】で。
川崎.jpg

ソフトバンク、東大とAI研究 200億円投資~注目ニュース

・ソフトバンク、東大とAI研究 200億円投資【時事ドットコム】
AIに特化した研究所を来春開設。先端医療や自動運転について研究を進める方針。産学が連携して米国や中国の巨大IT企業に対抗するとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

・5G産業育成に向け新法制定へ、欧米企業との提携促す【共同通信ニュース】
来年の通常国会に法案を提出し、成立させる方針だそうです。新法では、通信大手が設置する基地局や、企業が整備する5G技術を使った工場などの計画を国が審査。安保上リスクがある企業の電子部品が含まれないと認められれば、税制優遇や予算措置を受けられる仕組みとするとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。

・養殖ベニザケを初水揚げ、根室、事業化へ実証実験【共同通信ニュース】
主要な漁場となっていたロシア排他的経済水域(EEZ)での流し網漁が禁止され、根室市などが対策の一環として全国初の事業化を目指しているとのこと。実験は7月に始め、平均375グラムの稚魚約200匹でスタート。この日までに88匹が生き残ったそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。
サケ.jpg
・柔軟にルート設定「デマンドバス」普及へ事業者支援 政府【NHKニュース】
具体的には、バスを予約した利用者を効率的に回ることができるよう、AI=人工知能が最適なルートを瞬時に設定してくれるシステムの導入費用を最大で3分の1補助。また、料金の支払いにQRコードを使ったキャッシュレス決済を導入する場合も、同じように補助する方針だそうです。続きは、【NHKニュース】で。

路上の障害物を数秒で通知 実用化のめど2年度にも トヨタとNTT~注目ニュース

・ユニクロのベトナム1号店、6日開店 欧米勢と激しい競争へ【時事ドットコム】
ファーストリテイリングは6日、ベトナムで初となるユニクロの店舗を南部ホーチミン市の中心街にオープン。ユニクロはこれまで、同国を生産拠点と位置付けてきましたが、今後は、7%前後の高い経済成長を背景に所得が向上している同国の消費者に狙いを定め、ビジネスの拡大を目指すそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・中小企業の支援基金3600億円、政府が経済対策、賃上げ後押し【共同通信ニュース】
消費税増税などで経営環境の厳しさが増す中、賃上げやパートらの厚生年金の加入拡大に取り組む企業を優先的に支援するとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。
ユニクロ.jpg
・路上の障害物を数秒で通知 実用化のめど2年度にも トヨタとNTT【産経ニュース】 
トヨタ自動車とNTTグループは5日、コネクテッドカー(インターネットでつながる車)の共同研究開発で、道路上に検知した障害物の情報を数秒で周辺の車に通知するシステムの実用化について、令和2年度内にもめどをつける考えを明らかにしたそうです。高速道路の逆走といった異常な状態にある車の周知や、自動運転車両が駐車車両を早期に検知することなどにも役立てられるということです。続きは、【産経ニュース】で。
障害物.jpg
・新今宮の“名物”を星野リゾートで 地元の小学生がPR【産経ニュース】
星野リゾートは大阪市立新今宮小学校(西成区)近くのJR新今宮駅前で2022(令和4)年4月に新ホテル「OMO7大阪新今宮」を開業予定。すでに北海道や東京で開業している都市観光ホテル「OMO」は、ホテルのスタッフが宿泊客の街歩きに同行するサービスなどを売りにしており、新今宮では子供のユニークな視点を生かして観光資源を発掘する狙いだそうです。続きは、【産経ニュース】で。

・プラスチックごみ減目指す リサイクル技術の展示会始まる【NHKニュース】
繊維メーカーの「帝人フロンティア」は、回収したペットボトルを繊維にして、仕立てた女性向けのコートを披露。生地の70%以上の部分にプラスチックの繊維が使われているということです。化学メーカーの「三菱ケミカルホールディングス」は、植物を原料とするバイオプラスチックで作った紙コップやストローなどの製品を出展。「エコプロ2019」は7日まで、東京・江東区の東京ビッグサイトで。続きは、【NHKニュース】で。
プラ.jpg

ロボットが買い物代行 スマホで遠隔操作―ANA~注目ニュース

・ロボットが買い物代行 スマホで遠隔操作―ANA【時事ドットコム】
ANAホールディングスは4日、ロボットをスマートフォンのアプリで遠隔操作し、買い物を代行するサービスの実証実験を期間限定で実施すると発表。カメラを搭載したロボット=ANAが開発した「newme(ニューミー)」が店内を回り、客はスマホの画面に映し出された店員の接客を受けながら商品を購入できるとのこと。注文や決済はアプリ経由で行うそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
ANA.jpg
・蚊取り線香のゲノム解読 品種開発に期待―大日本除虫菊【時事ドットコム】
大日本除虫菊(大阪市)は4日、蚊取り線香の原料となる多年生キク科植物「除虫菊」のゲノム解読に世界で初めて成功したと発表。一部の殺虫剤をめぐっては、抵抗性を示す害虫が出現し感染症を媒介するリスクが懸念されているとし、同社は遺伝子操作などで除虫菊の特性を増幅することができれば感染症防止にも貢献できるとみているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・アウトドア感覚のオフィス、コクヨ、半個室セットも【共同通信ニュース】
2020年1月から展開する新ブランド「inGREEN(イングリーン)」は、野外でのキャンプをイメージさせる椅子やテーブルなどの家具をそろえたそうです。打ち合わせなどで使用するスクリーンも用意。植栽や照明器具などのアクセサリーも充実させるとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。
コクヨ.jpg
・電動キックスケーター 普及に向け大学構内で実証実験 横浜 【NHKニュース】
電動キックスケーターは海外では手軽な移動手段として利用が広がっていますが、国内では法律上ミニバイクとして扱われ、運転免許やナンバープレートなどが必要なことから普及していません。ベンチャー企業では実験を通じて走行の安全性などを確認し、規制緩和の提案に向けた検証を進めることにしているそうです。続きは、【NHKニュース】で。
キック.jpg
・石炭火力をバイオマス発電に転換 中部電、日本製紙など国内初【産経ニュース】
中部電力は4日、日本製紙、三菱商事パワー(東京)と共同で設立し、運転している石炭火力発電所「鈴川エネルギーセンター(静岡県富士市)」で、燃料を微粉石炭から木質ペレットに変更し、バイオマス発電所に切り替えると発表。今回、現在の出力11万2千キロワットの発電設備を一部改良し、燃料を北米などから調達した木質ペレットに切り替えることを決めたそうです。令和4(2022)年4月に稼働する予定。燃料の変更によって出力は8万5千キロワットに減るものの、温室効果ガスであるCO2の排出量を年間67万トン削減できるそうです。続きは、【産経ニュース】で。

「6G」技術開発で挽回を 情報機構、国立天文台と協定~注目ニュース

・「6G」技術開発で挽回を 情報機構、国立天文台と協定【時事ドットコム】
総務省所管の情報通信研究機構(本部東京都小金井市)と国立天文台(東京都三鷹市)は3日、包括的な連携協定を締結。情報機構の徳田事長は協定調印後、国内で近く携帯電話会社などによる利用が始まる第5世代通信規格「5G」の技術開発では「あまり日本がアピールできなかった」と指摘。5Gに続くと想定される「6G」については「かなり私たちが挽回できると思っている」と述べたそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・山手線新駅にロボ、無人店 「未来の駅」来春開業―JR東【時事ドットコム】
JR東日本は3日、2020年春に開業予定の山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」(東京都港区)に、人工知能(AI)を活用した案内ロボットや無人コンビニの常設店を導入すると発表。AIロボットや電子看板(デジタルサイネージ)は英語や中国語など4カ国語に対応し、音声会話、映像で駅構内の案内を行うそうです。自律走行型の警備ロボや自動清掃ロボも配備。続きは、【時事ドットコム】で。
山の手.jpg
・政府、公共投資に6兆円計上へ、経済対策案を提示【共同通信ニュース】
政府が近くまとめる経済対策で、国・地方の財政措置13兆円程度のうち、公共投資に6兆円程度を充てることが3日、分かったそうです。インフラ整備で自然災害の被害を最小限に抑える国土強靱化対策には、2019年度補正予算案で1兆1500億円程度を追加計上するとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。

・下請け取引改善へ初会合、経産省、知財保護や短期納品で【共同通信ニュース】
経済産業省は3日、大企業と下請けの中小企業との取引を改善するため、トヨタ自動車などの経営者を集めた会議の初会合を開いたそうです。大企業が中小の知的財産を不当に奪ったり、大企業の勤務時間の短縮で中小が短期間での納品を強いられたりしないよう、保護対策などを練るとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。

・山梨-静岡を「医療機器バレー」に 両県が協定締結へ【産経ニュース】
山梨、静岡両県は3日、甲府盆地や富士北麓と静岡県東部に医療機器関連産業を集積するための連携協定を結ぶと発表。静岡県は医療・健康産業を支援する「ファルマバレープロジェクト」を推進し、医薬品・医療機器生産額が9年連続で全国1位。山梨県も今年度から「メディカル・デバイス・コリドー(医療機器回廊)」構想を進めており、両県で参入企業に関する情報共有などを行うことになったそうです。続きは、【産経ニュース】で。

・大阪のIRは万博前開業を」同友会代表幹事が強調【産経ニュース】
万博会場と隣接して建設が計画される大阪のIRをめぐっては、府市は当初、経済的な相乗効果を狙い万博前の開業を打ち出していましたが、法整備の遅れや工期の短さなどが指摘され、11月には万博前の開業を努力目標にとどめる方針を発表。関西経済同友会の池田代表幹事は、「万博開催前に(IR内に整備される)コンベンションホールやホテル、ショッピングモールなどが生まれれば、相乗効果は確実」と意義を強調。「IRは関西の発展のために欠くことができない」とも述べ、早期開業の重要性を訴えたそうです。続きは、【産経ニュース】で。

経産省、航空部品で国内初の試験 中小技術者の受験容易に~注目ニュース

・経産省、航空部品で国内初の試験 中小技術者の受験容易に【時事ドットコム】
非破壊検査は磁気や液体などを使い、部品を壊さずに表面や内部の状態を調べる手法。国内では航空機産業向けの試験がこれまでなく、中小メーカーの技術者は資格取得のため、海外で英語による試験を受けたり、大手企業に出向して社内試験を受験したりする必要があったそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・新スパコン「富岳」出荷 「京」後継、性能100倍―石川【時事ドットコム】
理化学研究所と富士通は2日、石川県かほく市の工場で製造しているスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」の出荷を開始。6月までに約400台の計算機が、理研の計算科学研究センター(神戸市)に納入されるそうです。ナノテクノロジーや防災、創薬など最先端研究に活用されるとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。
富岳.jpg
・免税品を自販機で販売へ、政府、訪日客消費を活性化【共同通信ニュース】
これまで免税品の売り場には来店客の本人確認をする店員の配置を求めていましたが、カメラや通信機能を備える自販機で顔認証やパスポートの確認ができれば問題ないと判断。免税品を自販機で扱うことができれば、人手不足の課題が解消され、訪日客による消費の活性化につながると期待されるとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。

・銀行などから独立した金融アドバイザーが団体を設立 【NHKニュース】
銀行や証券会社に所属せず、個人の客の要望を聞いてその人に適した投資信託や年金保険などを提案・販売する「IFA」と呼ばれる金融アドバイザーはアメリカなどで浸透しているとのこと。日本でも、証券会社などから独立した人が金融商品仲介業者の登録をとってアドバイザーとなる人が増え、およそ3800人が営業していますが、中には手数料を稼ごうと、顧客に投資信託などを頻繁に買い替えさせて回転売買が疑われるアドバイザーもいることが課題になっていたそうです。このため、顧客から信頼を得るためにはアドバイザー全体でサービスの質を高めていく必要があるとして、来年1月に業界団体を設立することになったそうです。続きは、【NHKニュース】で。

・ホンダのロボット芝刈り機 日比谷公園で効果を検証【産経ニュース】
ホンダは2日、ロボット芝刈り機「Miimo(ミーモ)」を使って大型公園や電源設備のない河川敷で実証実験を始めたとのこと。ミーモは私有地での使用を想定していますが、大規模な公共の芝生の整備にも効果があるかを東京都公園協会と協力して検証するそうです。続きは、【産経ニュース】で。
ホンダ.jpg

“悪玉”ディーゼル復権 年間販売過去最高へ 輸入車、マツダが対応車種拡大~注目ニュース

・豪資源業界、最新技術の導入加速 日本企業に商機【時事ドットコム】
オーストラリアの資源業界で生産性向上などを目的に、人が乗らなくても自動で走行するトラックなど最新技術を取り入れる動きが加速。高い技術力を持つ日本企業にも商機が広がってきたそうです。資源大手BHPグループでは、鉱山で使う機器の保守点検にITを積極活用。人工知能(AI)も使って機器の機能低下を把握。同社幹部のジョナサン・プライス氏は「多くの技術はパートナーの助けが必要だ」と、スタートアップ企業などとの協力に意欲を示す。同業のリオ・ティントは最近、鉄鉱石を積み出し港まで長距離輸送する貨物列車の自動運転を実用化した。この自動運転の技術は日立製作所の子会社が協力したとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。
オーストラリア.jpg
・カジノ所得に源泉徴収へ、訪日客対象、税逃れ防止【共同通信ニュース】
カジノで得た利益は競馬などと同様に課税されるとのこと。場内でのチップの購入代金と、退場時に換金した払戻金の差額を対象とするそうです。利用客がカジノで使うチップの購入額や、勝ち負けを記録するよう事業者に義務付けることも検討するそうです。続きは、【共同通信ニュース】で。
カジノ.jpg
・外食業界で脱プラスチック広がる 容器を植物由来に切り替え【NHKニュース】
「すかいらーくホールディングス」は、「ガスト」や「ジョナサン」などおよそ2800の店舗で、持ち帰りや宅配に使う容器などを段階的に植物由来の素材に切り替えるそうです。また、「スターバックス コーヒー ジャパン」は、国内に1500ある店舗すべてで年間2億本使われているプラスチック製のストローを来年5月末までに紙製に切り替えるとのこと。続きは、【NHKニュース】で。

・“悪玉”ディーゼル復権 年間販売過去最高へ 輸入車、マツダが対応車種拡大【産経ニュース】
ディーゼルエンジンを搭載した乗用車の販売がじわりと増えているそうです。走りの力強さに対する根強いファンも多く、輸入車やマツダが採用車種を拡大しているからだとのこと。日本ではかつての東京都の対策で“悪玉”のイメージが定着していますが、以前より排ガスは浄化され、むしろ、燃費性能が高い。政府も地球温暖化対策などの観点から、ディーゼル車を電気自動車(EV)などともに次世代自動車と位置づけ、減税や補助金で支援。続きは、【産経ニュース】で。
クリーン.jpg

内部留保活用で民間投資の喚起、経済対策の原案判明~注目ニュース

・魚の大量取引、自由化へ 既存業者からは賛否の声―豊洲市場【時事ドットコム】
街の鮮魚店などへの供給を担う仲卸業者や、一部の大手スーパーといった専門業者だけに認められていた卸売市場での大口買い付け取引が、豊洲市場(東京都江東区)で来年6月以降、自由化される見通しだそうです。全国の産地から卸会社が集荷した大量の水産物が夜中から並ぶ同市場の卸売場。最初に魚を買うことができるのは、原則として仲卸のほか資格を持つ大手スーパーやすしチェーン店など、都が認めた専門業者に限定されているとのこと。ただし、売れ残りや販売時間より大幅に遅れて到着した品物などに限っては、特例措置として「第三者」と呼ばれる専門業者以外への販売が認められているそうで、専門業者に限定した取引の規制を撤廃し、特例扱いだった第三者のほか、販売時間の最初から幅広い相手に販売できるよう取引ルールの見直しを予定しているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・内部留保活用で民間投資の喚起、経済対策の原案判明【共同通信ニュース】
政府が果断な政策を講じて「アベノミクスのエンジンを再点火」すると強調。民間企業の融資や支出も含めた総事業費は20兆円超とする方向で、2019年度補正予算に国費数兆円を計上するそうです。内部留保を活用した「民間投資の喚起」などで持続的な成長を促すとともに、自然災害への対応を急ぐとのこと。続きは、【共同通信ニュース】で。

・大企業に投資促す方策 政府・与党 調整急ぐ 【NHKニュース】
来年度の税制改正では、大企業が内部留保を投資に振り向けやすくする方策が焦点の1つに。経済産業省は、大企業がベンチャー企業に一定額以上の出資を行った場合、税額を控除する制度の創設を求めていますが、投資で利益を上げた場合も優遇が受けられるため、国民の理解が得られないという指摘があるそうです。このため政府・与党は、ベンチャー企業への投資をめぐり一定の条件を満たした場合、出資した金額を株価の低下に備えた「準備金」としてあらかじめ損金に算入することを認める案や、将来、ベンチャー企業の株式を売却する際に、損失が生じた場合に限って、損失の一部を税額から控除する案を軸に検討しているそうです。続きは、【NHKニュース】で。

・受験生を応援「合格ねじ」無料配布 日東精工が希望者募る【京都新聞】
「合格ねじ」の正式名は「受験生応援ゆるみ止めねじ」で長さ2.4センチ。「合格」にかけた五角形のねじ頭に「祈成就」と刻み、「気を緩めず」の意味も込めているそうです。続きは、【京都新聞】で。
ネジ.jpg
・日焼け、サイズ、汚れ… 農業女子目線で作業着5種開発 神栄【神戸新聞】で。
兵庫県内の農業女子たちが開発に携わった女性向け農作業着が誕生したそうです。老舗商社の神栄(神戸市中央区)が、女性用の作業着が少ない点に着目。各地の農業女子に意見を聞き、女性の体格に合わせた上、機能性や日焼け防止にも配慮した上着やズボンなど5種類を完成させたとのこと。続きは、【神戸新聞】で。
女子.jpg

赤ちゃん用の液体ミルク 「専用飲み口」を販売~注目ニュース

・子ども貧困対策に39指標、親の雇用、滞納経験も【共同通信ニュース】
5年前に策定した大綱を見直し、貧困の実態をより詳細に把握するため、指標に「ひとり親の正規雇用割合」「公共料金の滞納経験の有無」などを追加し、計39項目としたとのこと。生まれ育った環境で子どもの現在と将来が左右されないよう、早期の対策や自治体の取り組みを充実させるそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・赤ちゃん用の液体ミルク 「専用飲み口」を販売【NHKニュース】
哺乳瓶に移し替えることなく、液体ミルクの紙パックに取り付けるだけで、赤ちゃんに飲ませることができる専用の飲み口が開発され、29日から販売がはじまったそうです。専用の飲み口はシリコン製で、哺乳瓶の飲み口と同じような形に作られ、紙パックの角の部分に固定できるようになっているとのこと。続きは、【NHKニュース】で。

・木造住宅派、過去最低73% 初の8割割れ―内閣府調査【時事ドットコム】
内閣府は29日、「森林と生活に関する世論調査」の結果を公表。住宅を建てたり買ったりする場合にどんな住宅を選びたいか尋ねたところ、木造住宅と答えた人は1989年の調査開始以来最低の73.6%にとどまったとのこと。林野庁は手入れ費用がかさむことや耐火性が低いことが木造派減少の理由とみて、「木材の良さや安全性をアピールしたい」としているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

“液晶より10倍明るい” JDI 次世代ディスプレー公開~注目ニュース

・技術革新度、日本は60カ国中32位 東洋大が初の国別ランキング
東洋大学グローバル・イノベーション学研究センターが、技術革新をめぐる国別ランキングを公表するのは初めて。就業者1人当たりの生産性や特許出願数、産官学などの研究開発スタッフの多さをはじめ全58項目を評価、集計して比較したとのこと。この結果、2019年の首位はシンガポールで、高い労働生産性や温室効果ガスの削減率などが評価され、以下、ルクセンブルク、スイス、ニュージーランドと続き、上位20位には米国(9位)、中国(15位)、ドイツ(20位)が入ったそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・次世代担う「匠」企業に101社、ジェトロ、アジア販売支援【共同通信ニュース】
日本貿易振興機構(ジェトロ)は28日、次世代を担う「『匠』企業」に36都道府県の101社を選び、工芸品や生活雑貨など260商品のアジア販売を支援すると発表。260商品は日本の技術や生活文化の特色を生かした日本製に限定し、万年筆や包丁、クッションなど幅広いとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・“液晶より10倍明るい” JDI 次世代ディスプレー公開 【NHKニュース】
経営再建中の液晶パネルメーカー、ジャパンディスプレイは、今の液晶よりも10倍明るいという「マイクロLED」と呼ばれる開発中のディスプレーを公開。27万個使われている超小型のLEDチップがみずから発光するのが特徴で、今の液晶よりも10倍明るく、太陽の光のもとでも文字などをはっきり確認できるとのこと。将来的に、自動車向けなどの用途を想定しているそうです。続きは、【NHKニュース】で。
LED.jpg
・食文化研究で協力 広島経済大とオタフクソース【産経ニュース】
広島経済大学(広島市安佐南区)とオタフクソース(同市西区)は、地域社会や地域経済に貢献することを目標にした包括連携協定を締結。広島の食文化などに関する共同研究など研究活動での連携や、学生らが実践的に学ぶ場を提供するなどの取り組みを展開するとのことです。続きは、【産経ニュース】で。

最先端の半導体を共同研究 東大と台湾メーカーTSMCが協定~注目ニュース

・最先端の半導体を共同研究 東大と台湾メーカーTSMCが協定【時事ドットコム】
東京大学は27日、半導体の受託製造で世界最大手のTSMC(台湾積体電路製造、台湾新竹市)と最先端の半導体技術を共同研究する協定を結んだと発表。東大は半導体チップの設計デザインに関する研究を行い、TSMCは試作品の製造に向けた環境などを提供。まずはエネルギー効率を10倍に高めた半導体の開発を目指すそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・海外親族控除に年齢制限、税逃れ防止、条件厳格化【共同通信】
国外の親族に収入があるにもかかわらず、扶養対象にすることで所得税の控除を受けるケースが問題になっており、控除対象者に年齢制限を設けることで、税逃れを防ぐそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・パリに駅弁を!JR大館駅名物「鶏めし」の出店申し込み 秋田【NHKニュース】
秋田県大館市にあるJR大館駅名物の「鶏めし」を作る会社は、駅弁の文化を海外に広めようと、ことし7月、フランス・パリの街なかに店舗をオープン。会社では、さらにパリ中心部にあるリヨン駅の構内に店舗を出せるよう、フランス国鉄に出店の申し込みを行ったそうです。続きは、【NHKニュース】で。

・中小企業から大学へ講師派遣 近畿経産局がマッチング開始【産経ニュース】
人手不足にあえぐ中小企業と就職を目指す学生を結びつけようと、近畿経済産業局がインターネット上に「マッチングプラットフォーム」を立ち上げたそうです。プラットフォームは11月20日に開設。自社を売り込みたい中小企業が、講師となる経営者や従業員の経歴、講義できる内容などを登録すると、情報がホームページにリスト化される。大学や短大、高専が講師派遣を申し込み、条件が合えば派遣される仕組みだとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・民間議員が建設国債のルール見直しに言及 諮問会議 安倍首相「生産性向上や人材投資も残せる」【産経ニュース】
財政法は、ただし書きとして、公共事業費などの財源を建設国債の発行で調達することを認めており、それでも歳入が不足しそうな場合は特例法に基づき、公共事業費以外に充てる目的で赤字国債を発行。27日開かれた政府の経済財政諮問会議で、複数の民間議員から「建設国債のルールは戦後すぐに作られたものであり、令和の時代にふさわしいものに見直すべきだ」「今は人的投資などの無形資本に重点が移っており、建設国債への縛りを見直して企業投資につなげるべきだ」との意見が出たそうです。これらの声に続き、安倍首相が「感想」を述べたとのこと。続きは、【産経ニュース】で。


「医師の乗らない移動診察車」を開発 来月実証実験へ~注目ニュース

・企業賃上げ、初の9割 19年、人材確保で―厚労省調査【時事ドットコム】
厚生労働省が26日発表した2019年の賃金改定調査によると、定期昇給やベースアップ(ベア)などの賃上げを実施した企業の割合は、前年比0.5ポイント上昇の90.2%だったそうです。比較可能な1999年以降で最高で、初めて9割を超えたとのこと。厚労省は「人材確保のため、新人や若手に手厚くしている企業もある」(賃金福祉統計室)と指摘。続きは、【時事ドットコム】で。

・米制裁企業に日本製部品 中国監視カメラ大手へ供給【時事ドットコム】
制裁対象の中国企業は、監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)。イメージセンサーと呼ばれるカメラの基幹部品にソニーなどの製品が利用されているとのこと。ソニーは「個別の取引についてはコメントを控える。人権の尊重を基本方針に定めている」(広報・CSR部)と説明しているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・パネル廃棄費、10年積み立て 太陽光事業者に義務化―経産省【時事ドットコム】
経済産業省は26日の有識者会議で、太陽光発電パネルが2030年代に大量廃棄されることに備え、発電事業者に一定の関連費用を10年間積み立てることを義務付ける方針を示し、大筋で了承されたそうです。第三者機関への積み立てが原則。続きは、【時事ドットコム】で。

・農相、和牛増産に新たな対策、対中輸出再開の協定署名で【共同通信】
江藤拓農相は26日の閣議後の会見で、日本産牛肉の対中国輸出の再開条件となる協定に日中両政府が署名したことに関し、「中国の消費者は日本産牛肉を熱望している。輸出に向けられるよう和牛を増やしたい」と述べ、増産に向けた新たな対策を打ち出す考えを示したそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・国産車自動ブレーキ2年後義務化、新型車、国際基準に合わせ厳格化【共同通信】
政府が国産の新型乗用車を対象に、2021年11月から自動ブレーキ搭載を義務付ける方向で最終調整に入ったことが26日分かったそうです。性能要件も来年1月発効見込みの国際基準に合わせ、現行の国内基準より厳格化。続きは、【共同通信】ニュースで。

・「医師の乗らない移動診察車」を開発 来月実証実験へ【NHKニュース】
通信設備や医療機器を備え、医師が乗っていなくても遠隔医療に利用できる新たな車が開発されたそうです。来月から、長野県伊那市の病院が近くにない山あいの地域で実証実験が行われる予定。これは、オランダの電機メーカー、フィリップスが、ソフトバンクやトヨタ自動車などが出資する「モネ テクノロジーズ」と共同で開発。運転手と看護師が車に乗って、移動先で患者の血圧などを測定し、離れた場所にいる医師がテレビ電話で測定結果などを見ながら遠隔で診察するとのこと。いうことです。続きは、【NHKニュース】で。
医師.jpg

新技術「印刷方式」で有機EL量産化 世界初の生産ライン整備~注目ニュース

・「やりがい」整備を 経団連、20年春闘の経営側指針【時事ドットコム】
日本企業の課題である生産性向上には、労働時間の短縮だけでなく、仕事へのやりがいを高め、付加価値の高い製品やサービスを生み出していく必要があると訴えていくとのこと。来年1月に発表する20年春闘の経営側指針「経営労働政策特別委員会報告」(経労委報告)に盛り込むそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・年金減額基準、
現状維持へ、働く65歳以上、月収47万円【共同通信】
「51万円超」を検討したが、現在よりも高収入の人が年金を受給することになり「年金財政に悪影響」「高所得者優遇と言われかねない」との与党内の批判が根強く、軌道修正を迫られた格好。続きは、【共同通信】ニュースで。

・自動運転、地方
の「足」に 秋田で商用化開始、SB子会社は実験【産経ニュース】
自動運転車の実用化に向けた動きが活発化しているとのこと。自動運転関連技術を開発するソフトバンク子会社の「SBドライブ」(東京都港区)は25日、相模原市緑区の遊園地で、自動運転車の運行を車外から制御する実験を実施。30日からは、秋田県上小阿仁村で、地元のNPO法人が全国初となる自動運転の商用サービスを開始。ヤマハ発動機の7人乗りのEVが約4キロの区間を1回200円の運賃で、電磁誘導線が埋め込まれた道路上を誘導線に沿って走行するそうです。続きは、【産経ニュース】で。
自動.jpg
・新技術「印刷方
式」で有機EL量産化 世界初の生産ライン整備【NHKニュース】
生産ラインが整備されたのは、官民ファンドの「INCJ」の支援を受けて「有機EL」を開発している「JOLED」の能美市にある工場。工場にはインクジェットプリンターの技術を応用し、パネルに材料を付着させる「印刷方式」と呼ばれる新たな技術で有機ELを量産化する世界で初めての生産ラインが整備されそうです。スマートフォンやテレビなどのディスプレーとして利用が進む有機ELの分野では、韓国メーカーが世界シェアの大半を握っていますが、JOLEDとしては、新たな製造方法で、コストを抑えることで競争力を高め、シェアの拡大を図りたいとのことです。続きは、【NHKニュース】で。
K10012190801_1911252006_1911252016_01_02.jpg

所有者不明土地、使用者から課税可能に 来年の通常国会で法改正へ~注目ニュース

・年金、2年連続で抑制の公算 物価上昇を下回る改定【時事ドットコム】
毎年度実施する年金額の改定で、支給額を抑える「マクロ経済スライド」が2019年度に続き20年度も発動される公算が大きくなったそうです。高齢者にとって、今年度と比べた支給額は横ばいか増加となるが、増えたとしても物価や賃金の上昇ほどは伸びず、実質的に目減り。続きは、【時事ドットコム】で。

・所有者不明土地
、使用者から課税可能に 来年の通常国会で法改正へ【産経ニュース】
土地の所有者に課す固定資産税について、所有者が分からない場合でも、その土地で居住や商売をしている「使用者」に課税できるよう、政府・与党が地方税法を改正する方向で検討していることが24日、分かったそうです。最近増えているのは、地方の地価低迷や人口流出を背景に、相続しても費用と時間のかかる登記をしないケース。増田寛也元総務相らの有識者研究会は、防止措置を取らないと令和22(2040)年に北海道の面積に匹敵する約720万ヘクタールまで所有者不明土地は増えると推計しており、固定資産税の“取りっぱぐれ”も増加する可能性があるとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・イノシシワク
チン入り餌ヘリ散布、豚コレラ対策、農相表明【共同通信】
江藤拓農相は23日、岐阜市内で講演し、豚コレラ(CSF)感染拡大防止のため、野生イノシシ向けのワクチン入り餌を自衛隊のヘリコプターで上空から山中に散布する対策を28日に始める方針を明らかにしたそうです。
これまで手作業でイノシシ向けワクチン入り餌を地中に埋めてきたが、空からも散布することで作業を効率化し、イノシシの生息地域拡大を防ぐ狙いがあるとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

データ学習不要 人の基本動作を映像から判別 AI新技術~注目ニュース

・川重、宇宙ごみ除去事業化に本腰 東京海上、三井物産と提携【神戸新聞】
川重は11年にデブリ除去の技術研究に着手し、今年10月には岐阜工場(岐阜県各務原市)に指令所となる基地局を設置。来年度にもデブリを捕捉する小型衛星を打ち上げて実証を始め、25年度の商用化と宇宙ビジネスの売上高100億円を目指すとのこと。続きは、【神戸新聞】で。
ゴミ.jpg

・住友ゴムが低燃費新タイヤ発表 摩耗などの性能低下半減【神戸新聞】

住友ゴム工業(神戸市中央区)は12月1日、ダンロップブランドの低燃費タイヤの旗艦製品「エナセーブ ネクスト3」を発売。切れても自らつながる性質を持つ水素添加ポリマーをゴム材料に初採用。摩耗や経年劣化による性能の低下を半減させたそうです。同コンセプトは、車の自動運転化などへの対応と環境性能を盛り込んだ開発目標。性能の長期維持▽路面状況の感知によるタイヤ特性の自動変化▽リサイクルしやすい▽劣化の予測-などを掲げ、全技術を投入した製品を、2020年代に完成させたい考えだとのこと。続きは、【神戸新聞】で。

・企業版ふるさと納税、控除倍増 手続き緩和、利用しやすく―政府・与党【時事ドットコム】
政府・与党は23日、自治体に寄付した企業が税優遇を受けられる「企業版ふるさと納税」について、期限を5年間延長した上で、税額控除の割合を現行の3割から6割へ倍増させる方向で調整に入ったそうです。企業版ふるさと納税は、国の認定を受けた地方創生に関する自治体の事業に寄付すると、寄付額の最大3割が法人税(国税)と法人住民税、法人事業税(いずれも地方税)から差し引かれる仕組み。続きは、【時事ドットコム】で。

・データ学習不要 人の基本動作を映像から判別 AI新技術 【NHKニュース】
映像から人の基本的な動作を認識し、不審な行動などを判別できる新しいAI=人工知能の技術が開発されたそうです。大量のデータを学習する必要がなく、防犯カメラなどにすぐに導入できるのが特徴。新たな技術は富士通が開発。「例えばATM=現金自動預け払い機に設置した防犯カメラに搭載した場合、ATMを操作しながら電話をかけていると、振り込め詐欺の疑いがあると判別できるとしているそうです。続きは、【NHKニュース】で。
K10012188891_1911232252_1911240003_01_02.jpg

津波時に海底から浮上、新型水門、国内初、岩手・大船渡に設置~注目ニュース

・農産品輸出、目標達成は困難 菅官房長官【時事ドットコム】
政府が掲げる2019年の農林水産物・食品の輸出額1兆円の目標について、輸出の伸びが鈍いとして「なかなか難しい状況にあることは事実だ」と述べたそうです。菅氏は、農産物の輸出手続きを迅速化する農林水産物・食品輸出促進法が成立したことなどを挙げ、「農業者が輸出に取り組みやすい環境をつくり、さらなる目標を掲げて取り組んでいきたい」と語ったとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

・津波時に海底から浮上、新型水門、国内初、岩手・大船渡に設置【共同通信】
日立造船などは、津波などの非常時に海底から浮かび上がり、防波堤の役割を果たす新型の水門を堺市の工場で完成させたそうです。水門は幅約41メートル、高さ約19.5メートル、重さ約1800トン。幅約8メートル、高さ約13メートルの板が4枚取り付けられ、普段は折り畳まれた状態で海底に沈んでいるとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。
水門.jpg
・空き地の売却促進へ税優遇、地域活性化へ有効活用【共同通信】
数百万円程度の低価格でしか売れない物件を対象に、個人が得た譲渡所得(売却益)にかかる税負担を軽くする方向。塩漬けになっている土地の処分を進め、住宅や店舗を呼び込んで地域活性化を狙うとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・安全保障に重要な企業への出資規制強化の改正法成立【NHKニュース】

今回の改正では、原子力や通信、武器製造など国の安全保障を損なうおそれのある投資への規制を強化する必要があるとしてこの基準を厳しくし、1%以上の株式を取得する場合に政府への届け出を義務づけるとのこと。今回の法律をめぐっては外国人投資家からどの企業が事前の届け出の対象になるのか不明確だという声が上がったため、財務省が株式を上場している3000社以上の事業の内容を1社ずつ調べ、今後、リストにして公表することにしているそうです。続きは、【NHKニュース】で。

“ポスト5G” 技術開発支援で新基金創設へ調整 政府~注目ニュース

・農業支援へ3200億円、安全機能車の購入に10万円【共同通信】
政府が来月上旬にまとめる経済対策の概要が21日、自動ブレーキなど先進的な安全機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー)」の普及に向け、65歳以上を対象に新車購入時に10万円をめどに助成することも検討。 ドローンなど先端技術を使ったスマート農業の促進や、韓国人旅行客の減少に苦しむ長崎県対馬市の観光振興支援などにも取り組むとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・企業の投資活性化へ税制優遇、20年度、与党税調始動【共同通信】
企業の投資を活性化させ日本経済の成長を支えるため、競争力向上につながる合併・買収(M&A)や、第5世代(5G)移動通信システムの整備を促す税制上の優遇策を議論するそうです。自民、公明両党は12月12日にも与党税制改正大綱を策定するとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・情報抜き取りを否定 中国ファーウェイ会長【時事ドットコム】
来日中の中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の梁華会長は21日、東京都内で記者団に対し、ファーウェイ製の通信機器に情報を抜き取る「バックドア(裏口)」が設けられているとの米政府の懸念に対し、「事実に基づかない指摘だ。世界170カ国で事業展開しているが、各地で法を守っている」と反論したそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・パナソニック、液晶パネル撤退 21年めど、価格競争厳しく―姫路工場500人配転【時事ドットコム】
パナソニックは21日、2021年をめどに液晶パネルの生産から撤退すると発表。世界的に厳しい価格競争が続いており、事業の継続は困難と判断。続きは、【時事ドットコム】で。

・“ポスト5G” 技術開発支援で新基金創設へ調整 政府【NHKニュース】

関係者によりますと、政府は5Gの次の世代の通信規格「ポスト5G」について、日本企業の研究開発を資金面で支援する基金を新たにつくる方向で調整しているそうです。基金は、来年度からNEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構に設けられる見通。この基金を活用して、半導体やITといった通信関連の企業のほか、技術が応用される自動車や産業機械メーカーなども加え、日本の技術を結集する国家プロジェクトとして、最先端の半導体や通信システムの開発を加速させるねらいだとのこと。続きは、【NHKニュース】で。

「1万5千人以上を雇用」、米カジノ大手、大阪IRで~注目ニュース

・西村経済再生相、内部留保課税は困難【時事ドットコム】
企業が利益から税金や配当を差し引いた上で積み立てた内部留保は過去最高の463兆円(2018年度)。西村氏は「インセンティブ(動機)を付けることで(企業に)使ってもらう」と表明。もうけをため込まず、人件費や投資を増やす企業に税制面などでの優遇措置を講じる考えを示したそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・「1万5千人以上を雇用」、米カジノ大手、大阪IRで【共同通信】
米カジノ大手MGMリゾーツ・インターナショナル日本法人のエド・バワーズ最高経営責任者(CEO)は、IR運営に必要な人材や物資の調達では関西企業を重視し、地域経済の活性化に貢献する考えも述べたそうです。日本国内の人手不足を「懸念している」とし「子育てを終えて働いていない女性に職場に戻ってもらいたい。外国人も必要だ」と話したとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・ANA、機内食に関東の特産品、訪日客に魅力発信、12月から【共同通信】

ANAグループは20日、羽田空港や成田空港などを出発する航空機や、空港ラウンジで、関東地方の特産品を使った食事を12月から2020年5月末まで提供すると発表。国際線の一部で千葉県銚子産のイワシのつみれが入ったカレーや、山梨県笛吹市の桃を使用したジャム、栃木県特産のイチゴ「とちおとめ」などを用意。ラウンジでは特産品を使ったデザートや地酒を提供するそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。
ANA.jpg
・日本酒づくり、新規参入を許可へ 輸出向け特化 政府が酒税法改正へ【産経ニュース】
日本酒は国内の需要が減少していることなどから、需給調整のため現在は製造免許の新規発行が原則認められていない。ただ、海外で日本酒人気が高まっていることから、海外向けに特化した日本の酒造メーカーを誕生させ、世界のアルコール市場の取り込みを図るとのこと。続きは、【産経ニュース】で。


日本KFC、「子ども食堂」にチキン提供 食品廃棄削減、外食初~注目ニュース

・日本KFC、「子ども食堂」にチキン提供 食品廃棄削減、外食初【時事ドットコム】
閉店時に売れ残り、まだ食べられる食品の廃棄を減らし、地域支援につなげるのが狙い。日本KFCの伊勢佐木町店(横浜市)が売れ残った調理済みの商品を凍結して保管。NPO法人「フードバンク横浜」を通じて子ども食堂などに届け、それぞれの食堂で骨を外したり、加熱処理したりするとのこと。今後、他地域への拡大を検討するそうです。 続きは、【時事ドットコム】で。

・アジア開銀、融資条件見直しへ、「途上国」扱いの中国念頭【共同通信】
2021年1月から融資先の国の所得水準によって金利を変えるよう制度を変更。市場金利に基づいて融資する対象国の分類を、所得水準に応じてさらに三つに細分化。「高所得国」や中国を含む「上位中所得国」は貸出金利を上げ、「下位中所得国」には現行より有利な条件で貸し出すようにするとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・グーグルが渋谷に起業家支援施設、日本法人の本社内、多様性重視【共同通信】
米IT大手グーグルの日本法人は19日、東京・渋谷の本社内に起業家支援の施設を開設。人工知能(AI)を活用する新興企業を後押しするとのこと。多様性を重視し女性起業家のサポートにも力を入れるそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・都市の総合力順位、東京は3位 パリと差縮まる【産経ニュース】
森記念財団都市戦略研究所は19日、2019年の世界の都市総合力ランキングを発表。東京は3位を維持したものの、スコアの下げ幅が上位都市よりも大きく、4位のパリと差が縮まったとのこと。8年連続で首位はロンドン、2位はニューヨーク。続きは、【産経ニュース】で。

・トヨタなどの公用車購入停止か 排ガス規制 米カリフォルニア州 【NHKニュース】
州独自の厳しい排ガス規制を採用しているアメリカ西部カリフォルニア州は、州が規制を決定する権限を認めないトランプ政権と同じ立場をとるメーカーからは、公用車を購入しない方針を発表し、現地のメディアは、トヨタ自動車やGM=ゼネラルモーターズなどが購入停止の対象になると伝えているそうです。カリフォルニア州は独自の厳しい排ガス規制を決定する権限を持っていますが、トランプ政権はことし9月、全米で統一された基準を導入し、州が持つ権限を剥奪すると発表。続きは、【NHKニュース】で。

スパコン「富岳」、省電力世界一 「京」後継機―富士通・理研【~注目ニュース

・関経連、70歳雇用義務化は反対、「柔軟な制度にすべきだ」【共同通信】
意見書は「(65歳を超えた高齢者は)健康状態や家庭の事情、意欲、能力などの個人差が65歳までよりもさらに拡大し、活躍の場も限定的となる」と指摘。企業の競争力や生産性を損なわない制度を設けるよう訴えたそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・スパコン「富岳」、省電力世界一 「京」後継機―富士通・理研【時事ドットコム】
富士通と国立研究開発法人の理化学研究所は18日、共同開発中のスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」の試作機が、少ない消費電力で効率的に計算する性能で世界首位になったと発表。富岳は8月に運用を終えた「京(けい)」の後継機として、2021年ごろの稼働開始を目指しているとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

・「食の都」で魅力発信 大阪の食博覧会、令和3年春に開催【産経ニュース】

大阪から国内外の食文化を発信する4年に1度の祭典「食博覧会・大阪2021」の実行委員会は18日、次回は令和3年4月28日~5月9日に開催すると発表。テーマは「食べる、笑う、生きる」。また、ほぼ同時期に開催される生涯スポーツの祭典「ワールドマスターズゲームズ2021関西」と「淡路花博20周年記念花みどりフェア」の2つのイベントとPRなどで連携し、集客を図るそうです。続きは、【産経ニュース】で。