アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日々好日〜なにげない光景から
ブログ紹介
「楽しむ」、「地域密着」、「国際交流」を切り口に地域やベトナムで、子ども達へのフラッグフットボールの普及活動をしています。アセアンとのビジネスの勉強もしています。
zoom RSS

AI利用の医療サービス開発の動き広がる 技術普及、低廉化も後押し 大阪〜注目ニュース

2018/08/21 05:50
・AI利用の医療サービス開発の動き広がる 技術普及、低廉化も後押し 大阪【産経WEST】 
医療向けITサービスを手がけるアルカディア・システムズ(大阪市淀川区)は、高齢者や病人がテレビゲームの画面を見ながら体を動かすリハビリシステムを開発。ゲーム内で観光地を歩く疑似体験などができるそうです。最新のセンサーが小さな動作も感知するため、あまり動けなくても楽しめるのが特徴。ベンチャー企業のネクストイノベーション(同市北区)は、スマートフォンのチャット機能で医師の遠隔診療を受けられるサービスを展開。来年には患者への問診にAIを導入するとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・働き方改革、時間外手当の削減分、福利厚生に充当 小野薬品【産経WEST】
働き方改革を始める前の平成26年度の時間外手当に対して、削減できた分を毎年、福利厚生に充てる制度で、今月から導入。子育て支援のほか、社員の資格取得に対する補助金を拡充するそうです。小野薬品は、パソコンなどを使って出勤せずに働くテレワークを一部で導入したり、「ノー残業デー」を設けるなどしたりして、年数%の時間外手当の削減効果があるということです。続きは、【産経WEST】で。

・ご飯の力で高校球児を応援 JA全農が栄養教育プログラム開発へ【産経ニュース】
食事や栄養について学ぶ機会を提供するほか、身長や体重、体脂肪率などの身体測定や食生活に関するアンケートを定期的に実施し、食事と体の成長の関係を解析。さらに、部活動で忙しい高校球児の生活に合った栄養教育プログラムを組み立てるとのこと。プロジェクトの成果は書籍や冊子にまとめ、高校野球連盟を通じて加盟校に配布する予定で、JA全農では野球以外の競技を含め、若い世代のアスリートに広めていくことも検討しているそうです。続きは、【産経ニュース】で。

・キャンプ人気が再燃=手ぶら、冬場も、楽しみ多様化【時事ドットコム】

初心者層を中心に人気なのは、近年急速に増えている「グランピング」と呼ばれるキャンプ形式。あらかじめ設営されたテントに家具などが用意され、ホテルに泊まる感覚で気軽に楽しめるそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・農業強化へデータ集積、政府、気象や土壌の情報、担い手に開放【共同通信】
政府が構築するのは気象や土壌、農地の区画などの情報を集めた「農業データ連携基盤」。農家や農機メーカーなどが基盤にアクセスしてデータを活用するとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

・シドニーで和牛商談会、豪向け輸出17年ぶり再開【共同通信】
食肉業者のほか水産加工、調味料メーカーなど計20の団体が出品し売り込み。各業者の食材や調味料を使ってオーストラリア人の好みに合う料理を作る実演も行われたそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像

・AI搭載の自動運転ドローンで農業を省力化【NHKニュース】
実験はAIを搭載した自動運転のドローンを使って行われ、ドローンは、カメラで田んぼの形を認識して稲の穂先から30センチ上空を正確に飛行し、撮影した画像から稲の生育状況などを見極めて、必要な量だけ肥料や農薬を散布できるということです。住友商事アグリサイエンス部の銕智明部長は、「高齢化で離農する農家が増え、農作業の省力化が避けられない状況になっている。先進的な技術を農業の現場に根付かせたい」と話していたそうです。続きは、【NHKニュース】で。
画像


・「出産退職で1.2兆円の損失」民間シンクタンクが試算【NHKニュース】
第一生命経済研究所によりますと、1年間に出産を機に仕事を辞めてしまう女性は、正社員やパートなどすべて合わせるとおよそ20万人に上るそうです。こうした女性たちが仕事を続けていれば得られたはずのおよそ6000億円の収入が失われるほか、キャリアを持った女性が退職することで企業の生産性が低下する影響などでもおよそ6000億円の損失が生じるとしています。こうしたことから、経済的な損失額は全体でおよそ1兆2000億円に達すると試算。また、子育てが一段落してから再就職しても、収入の低下に直面するケースが多く、そのことも経済の成長力をそいでいると指摘。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


途上国の技術者が浄水所視察「水質改善に役立てたい」 大阪・吹田〜注目ニュース

2018/08/20 04:30
・途上国の技術者が浄水所視察「水質改善に役立てたい」 大阪・吹田【産経WEST】
国際協力機構(JICA)の研修プログラムの一環、10カ国11人の水道技術者が参加。片山浄水所では、深さ約300メートルの深井戸7本が稼働しており、1日の処理量は約1万立方メートル。ポンプでくみ上げた地下水から濾過(ろか)処理などを行い、水道水にしているとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像
 
・棚田再生にアジアの農業研究者 岡山・美作で受け入れへ【産経WEST】
岡山県美作市上山地区で、棚田の再生に取り組む認定NPO法人英田上山棚田団は、太洋産業貿易(本社・横浜市)と共同で、「ワールドファーマーズプロジェクト」を始動したと発表。フィリピンやベトナム、台湾などアジア地域から優れた農業研究者を受け入れ、日本の農業や産業技術と交流。新たな視点での農業の活性化を図るそうです。同地区では、改修した古民家をサテライトオフィスとし、同社が雇用する農業研究者は最低5年間は定住。OBを含めた地域おこし協力隊員とともに、米をはじめ小麦やニンニク、ブドウ栽培などで、耕作放棄地を整備。棚田の再生を加速していくとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・iPS血小板臨床研究を厚労省に申請 不良性貧血患者に輸血 京大【産経WEST】
人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から、血液成分の一つで止血作用のある血小板を作り、血小板などが減少する再生不良性貧血の患者に輸血する臨床研究の実施を、京都大の江藤浩之教授らのチームが厚生労働省に申請したことが19日、分かったそうです。チームは近く計画を発表するとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像


・外国人材で検討会、月内設置=自治体、経済界と政府【時事ドットコム】

政府は19日、外国人材の就労を目的に創設する新たな在留資格導入に向け、関係省庁や自治体の担当者、経済界で構成する検討会を月内にも設ける方針を固めたそうです。政府は新在留資格について来年4月の導入を目指しており、外国人労働者の生活支援など受け入れ環境の整備を図るのが狙い。続きは、【時事ドットコム】で。

・過疎地に簡易給油所導入へ、タンクローリーを活用〜経済産業省【共同通信】
「どこでもスタンド」と呼ばれるタンクローリー直結型の簡易給油所は、タンクローリーと給油機をホースと専用の器具でつなぎ、その場で車にガソリンを給油する仕組み。30分程度で設置でき、日替わりで複数の地域を巡回することも可能。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


工場を野鳥の憩いの場に=広がるアイデア緑地−国内メーカー〜注目ニュース

2018/08/19 05:30
・約50%の日本企業は「女性の管理職なし」 調査で判明【産経ニュース】
女性を管理職に起用している企業でも、割合は「10%未満」(30.5%)がトップ。「10%以上20%未満」は7.3%、「20%以上30%未満」は4.2%だったそうです。管理職からさらに出世し、役員となる女性もまだ少なく、「役員に女性はいない」と答えた企業は59.0%。女性役員比率の全体平均は9.7%だったとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・狙え“フラリーマンの胃袋” バーガー店が夜に傾注【産経ニュース】
日本マクドナルドは3月、午後5時以降に100円の追加料金でハンバーガーに挟むパティの量が2倍になる「夜マック」を開始。フレッシュネスバーガー」は昨年末、ハッピーアワー(午後4時から)を全国49店に導入し、ビールやハイボールなどを190円(税別)で提供。「モスバーガー」も全店の13%に当たる約170店で「モスバル」を提供。午後3時以降、ハンバーガーにビールやサイドメニューを自由に組み合わせられるお得セット。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・工場を野鳥の憩いの場に=広がるアイデア緑地−国内メーカー【時事ドットコム】
企業の工場内の緑地と言えば生け垣や芝生が定番だしたが、最近は周辺環境と調和した樹木や草花を取り入れるなど、生態系を守る工夫を凝らしたアイデア緑地づくりが進んでいるそうです。JR静岡駅から約3キロの三菱電機の静岡製作所周辺には里山が点在しますが、市街地で分断されているため、中間点にある製作所で緑地整備を進め、野鳥や昆虫が移動中に「寄り道」できるようにする緑地を整備中。東京都大田区のキヤノン本社には、ツグミやムクドリなど約30種類の鳥が訪れる「下丸子の森」と呼ばれる緑地があるそうです。愛知県知多半島では進出企業が連携し、各工場にまたがる緑地帯をノウサギやキツネが住む「第二の里山」にしようとの取り組みが進行中。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

画像

・ATM 大手銀行で削減や廃止の動き ネットバンキング普及で【NHKニュース】
三菱UFJ銀行は、今後5年余りかけて全国の店舗などに設置しているATMおよそ8100台のうち、2割程度を減らす方向で検討を進めているそうです。あおぞら銀行は、今月下旬から順次、自前のATMを廃止し、代わりに、提携するゆうちょ銀行のATMを店舗内に置くなどして、手数料なく使えるようにするそうです。続きは、【NHKニュース】で。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地下水冷暖房で35%省エネ効果 大阪市で全国初の大規模実験…「万博」でも活用〜注目ニュース

2018/08/18 04:31
・中国企業“独自開発“の閲覧ソフト 実は米の技術使用で謝罪【NHKニュース】
中国メディアによりますと、問題となったインターネットの閲覧ソフトは中国のIT企業「紅芯」が最近、公開。会社は「アメリカの独占を打破し、中国が初めて独自にインターネット閲覧ソフトを開発した」と宣伝していました。会社側も事実を認めて17日、「宣伝が大げさで誤解を招き、おわびする。今後はグーグルの技術を使っていると明記し、国産で独自のものだと強調しない」という謝罪文を発表したそうです。
画像

・自動運転車で食料品配達 米小売り大手クローガー、試行開始【共同通信】
利用者が食料品店の通販サイトかアプリで注文すると、自動運転車が食料品を当日か翌日に利用者の自宅まで配送。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像

・地下水冷暖房で35%省エネ効果 大阪市で全国初の大規模実験…「万博」でも活用【産経WEST】
実験は冷暖房の省エネに役立てようと、市や市立大、関西電力などが協力し昨年1月から実施。地下水が豊富で高い効果が見込めるとして「うめきた2期」エリアの一角を選んだそうです。実験では、年間を通じて18度前後に保たれている地下水の性質を利用。深さ60メートルの井戸を2本掘り、夏は外気温より冷たい地下水をくみ上げて冷房に使用。冬は、その排熱で温まった地下水をくみ上げ、暖房の熱源として活用したとのこと。
その結果、一般的なガスを使った冷暖房と比べ、消費エネルギーを35%削減できたほか、大量の地下水をくみ上げたことによる地盤沈下もみられなかったそうです。続きは、【産経WEST】で。

・グンゼ、ベトナムにフィルム生産拠点=東南アジアの需要増に対応【時事ドットコム】
東南アジア諸国連合(ASEAN)では現在、トイレタリー用品を中心に包装用フィルムの需要が拡大しており、同社は米工場から製品を輸出しているそうです。新拠点により地産地消体制を確立し、世界的な生産能力を増強するとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パーキンソン病にも有効か=皮膚がん薬に可能性−神戸大など〜注目ニュース

2018/08/17 04:03
・三井物産が再生エネ導入の高速需給調整システム会社に出資【産経ニュース】
三井物産は16日、太陽光や風力など再生可能エネルギーの大量導入に欠かせない、高速で需要と供給を制御する技術を持つ米パイス社(カリフォルニア州)に出資したと発表。同技術は、1秒間に60回の制御を行える高速技術で、従来の電力網制御システムと比べ大容量の再生エネルギー導入が可能になるそうです。系統の周波数や電圧へ悪影響を与えずに、安定供給が可能になるとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・日航整備子会社、経験者採用に破綻時退職者の受験を容認

事業拡大などに備え、10人程度を採用。グループ以外の航空会社の整備業務を受託していく方針で、即戦力を確保したいとの狙いがあるそうです。続きは、【産経ニュース】で。
画像


・パーキンソン病にも有効か=皮膚がん薬に可能性−神戸大など【時事ドットコム】

皮膚がんの一種である悪性黒色腫の薬「ダブラフェニブ」には、神経細胞の死滅を抑制する作用もあり、パーキンソン病の治療薬になる可能性があると、神戸大と大阪大、東京大の研究チームが発表。研究チームはパーキンソン病の関連遺伝子群のデータベースなどを活用し、ダブラフェニブに神経細胞の死滅抑制作用があると推定。マウス実験などで確認したそうです。今後の動物実験や臨床試験で、適切な投与方法や投与量を明らかにする方針。続きは、【時事ドットコム】で。

・介護福祉士の取得支援強化=人材定着へ研修費補助拡充−厚労省【時事ドットコム】

厚生労働省は16日、介護の実務経験がある人が介護福祉士の資格を取るために必要な「実務者研修」の費用補助を拡充する方針を決めたそうです。雇用保険の教育訓練給付制度を見直し、最大で費用の7割(年間上限56万円)を支給。続きは、【時事ドットコム】で。

・小笠原固有の樹木増やせ!=外来種駆除で検討委−林野庁【時事ドットコム】
小笠原諸島は2011年に世界遺産に登録されたが、外来樹木のアカギやギンネム、モクマオウなどが現地の生態系に大きな影響を与え、問題となっている。同庁は抜本的な対策を講じるため、学識経験者や現地で生態系を研究する専門家らによる検討委員会を設置。外来樹木の大規模駆除を行ってオガサワラグワやアコウザンショウなど同諸島固有の樹木に植え替えることを軸に、最適な森林の修復方法を議論するそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サンマ、9月後半値下がり?=「漁獲量上向く」と予測−水産庁〜注目ニュース

2018/08/16 03:42
・サラダチキン 梅しそやレモンの風味【産経ニュース】
健康志向の高まりを背景に、低カロリーの鶏むね肉の加工品「サラダチキン」の人気が続いているそです。梅しそ味やレモンなどかんきつ系のさっぱりとした味付けの商品、チーズを加えたタイプが登場しているとのこと。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・サンマ、9月後半値下がり?=「漁獲量上向く」と予測−水産庁【時事ドットコム】
水産庁によると、サンマの漁獲量全体は今年も低水準にとどまるが、9月後半には上向く見通し。昨年の小売価格はシーズンを通して1匹300円超と高値で推移したが、小売業者は「9月上旬までは昨年と同水準だが、同月下旬には200〜250円程度に下がる」とみているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・NZ、外国人の中古住宅購入禁止、議会可決、TPPと両立【共同通信】
アーダン首相率いる労働党は昨年9月の総選挙で、移民の増加や海外投資家の購入により住宅価格が高騰し、国民が家を持てなくなっていると主張。パーカー貿易相は住宅を所有する夢を実現するための「重要な節目」としているそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・銀行の平日休業が可能に、銀行法施行令を改正【共同通信】
地方銀行や信用金庫、信用組合などは少子高齢化で地域の店舗網の維持が難しくなっているが、隔日での営業も可能になり、少人数で店舗を運営できる。人件費などのコスト削減にもつながる。 銀行などの休業日は、個人や企業の経済活動に影響を与えないように原則として土曜や日曜、祝日、年末・年始に限定すると定められていた。続きは、【共同通信】ニュースで。

・日銀資産、GDP上回る、548兆円、大規模緩和で【共同通信】
総資産が直近年度のGDPを超えたのは戦後初めて。大規模な金融緩和で国債などを大量に買い続けており、資産が増大している。金融緩和を終わらせる「出口」で金利が上昇すると、日銀の財務が悪化する恐れがある。日銀が買い入れた国債は利回りが低いのに対し、金融機関が日銀に預けているお金への利払いが急増するためだ。続きは、【共同通信】ニュースで。

・7月の外国人旅行者283万人余 過去最高に【NHKニュース】
これは中国からの個人客の増加が続いていることに加え、タイやベトナムとの間でLCC=格安航空会社を中心に、新たな路線や便が増えたことなどが主な要因。観光庁では「全体としては引き続き高い水準だが、西日本豪雨などの影響で、日本から近い国や地域で一部に旅行を控える動きが出たと見られる。風評被害を防ぐためにも、今後、海外でのイベントやSNSを活用して、正確な情報を発信していきたい」と話しているそうです。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


宇宙エレベーター実現へ=ロボット着陸実験−福島〜注目ニュース

2018/08/15 04:41
・京大ベンチャーのGLM、EV心臓部の車台をレンタル 月額15万円【産経WEST】 
電気自動車(EV)を開発する京大発ベンチャー企業のGLM(京都市)によると、この車はプラットフォームだけで走行でき、試作品やシステムの動作確認が容易ということです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・廃校利用しワイン造り 三重・名張、高まる期待【産経WEST】
ブドウ生産が盛んな三重県名張市で、廃校となった小学校を活用したワイナリー「國津果實酒醸造所」がオープン。かつての放送室でブドウを房のまま破砕機にかけ、軸を取り除く。職員室のたるに果実を移し、重みを利用して果汁を出す。発酵させた後、密閉タンクに移し替え、校長室で3カ月〜2年寝かせてワインが出来上がる工程だ。続きは、【産経WEST】で。
画像

・宇宙エレベーター実現へ=ロボット着陸実験−福島【時事ドットコム】
地上と宇宙ステーションをケーブルで結び、人や物を運ぶ「宇宙エレベーター」の実現に向けた実験が14日、福島県南相馬市の大規模試験場「ロボットテストフィールド」で行われた。上空の気球からつり下げたケーブルを伝って、四つ足ロボットを載せたクライマーと呼ばれる昇降機が上昇。火星などに着陸することを想定し、上空約40メートルからロボットが飛び降り、パラシュートを開いて着地したそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・中国、投資が最低水準、政府は景気下支えへ【共同通信】
中国国家統計局は14日、1〜7月の固定資産投資が前年同期比5.5%増だったと発表。伸び率は1〜6月と比べ0.5ポイント縮小し、記録が確認できる1998年以降で最低となったそうです。米中貿易摩擦もあって景気減速への懸念が強まる中、政府は公共事業の拡大などで経済を支える構えだとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自動運転、「空飛ぶ車」も推進 経産省、19年度主要施策案〜注目ニュース

2018/08/14 05:39
・関電とJパワー、英洋上風力事業に参加…投資額1千億円規模とみられる【産経WEST】
発電容量は86万キロワットと原発1基分。建設予定地は英東部の沖合約30キロの北海上。日本は陸上の風力発電は開発が進んでいるが、洋上風力は発電機の信頼性や設置費用の問題が解決しておらず、商業運転している例はない。Jパワーと関電は現地に社員を派遣し、建設から運転、電力販売に関わる知見を得て、国内外の事業に生かしたい考えだそうです。続きは、【産経WEST】で。

・収穫期の「人手確保」へ広域連携…仕事量平準化も図れる 九州3県のJAグループ【産経WEST】
農家の人手不足が深刻化する中、福岡、佐賀、大分の3県のJAグループが連携し、収穫期の農家に作業員を紹介する事業を始めたそうです。大分県内では冬春は農閑期だが、福岡、佐賀両県はナスやアスパラガスといった冬春の収穫作物も多く、仕事量の平準化を図れるということです。既に主婦や学生など計約200人が登録しており、県境をまたいで仕事を受けるそうです。続きは、【産経WEST】で。

・自動運転、「空飛ぶ車」も推進 経産省、19年度主要施策案【産経ニュース】

データの利活用を柱の一つに掲げ、自動運転技術や空を移動できる「空飛ぶ車」の開発を後押し。産業施策では、開発に向けたデータ活用のために必要となる人材育成をカリキュラムの策定などを通じて支援。モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)など先進のITを手掛けるベンチャー企業を資金や制度面で支え、事業育成を目指す。中小企業の生産性向上につなげるため、IT機器の導入を急ぐ。続きは、【産経ニュース】で。

・じわり浸透、貴金属投資=「守り」の資産、不測に備え【時事ドットコム】
貴金属はそれ自体に価値がある実物資産で、企業が破綻すると資産価値がゼロになる株式とは性格が違う。安全資産の側面も持つ金は、主要な金融商品と異なる値動きをすることが多い。投資先を分散することで、株価急落など不測の事態に資産全体の目減りを防ぐ「守り」の役割も期待されているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

画像

・トヨタ、再雇用者の給与改善へ、「実質65歳定年」目指す【共同通信】
トヨタ自動車が、60歳の定年後に再雇用されて工場の生産ラインで働く技能系の従業員に対し、給与水準を改善した雇用形態の新設を検討しているそうです。人手不足が深刻になる中、熟練の人材を確保して若手へ技能伝承も図るとのこと。続きは、【共同通信】ニュースで。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ありそうでなかった「まぐろハンバーグ」…和歌山の二大食材組み合わせ、牛脂とコラボ、人気商品に〜注目ニ

2018/08/13 05:22
・ありそうでなかった「まぐろハンバーグ」…和歌山の二大食材組み合わせ、牛脂とコラボ、人気商品に【産経WEST】
勝浦漁港のマグロとブランドの熊野牛を使った「まぐろハンバーグ」が人気を呼んでいるそうです。1個200円程度というリーズナブルな価格も受け、県内を中心とした産直市場では昨年秋の販売以来、右肩上がりの売れ行きだとのこと。“ありそうでなかった”和歌山の二大食材を組み合わせた商品は、加工の過程で捨てられていたマグロの身を「もったいない」と思った男性社長の発想から生まれたそうです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・支払いはスマホで 外食でキャッシュレス決済広がる【NHKニュース】
日本マクドナルドは、東京都内の3店舗でキャッシュレス決済を本格的に導入するための実証実験を始めているそうです。クレジットカードなどの情報を登録したスマートフォンの専用アプリで、あらかじめ商品の注文と代金の支払いを済ませ、自分の都合に合わせて店に商品を取りに行くことができます。スマホのGPS機能を使うことで利用客の来店が店側にわかる仕組みのため、会計待ちの列に並ばずに商品を受け取ることもできるとのこと。続きは、【NHKニュース】で。

画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


大分県、留学生の起業を支援 卒業後の定着率アップ狙う〜注目ニュース。

2018/08/12 05:35
・大分県、留学生の起業を支援 卒業後の定着率アップ狙う【産経WEST】
留学生の県内在住者の割合が高いにもかかわらず、低い定着率に悩む大分県は、卒業後も残ってもらおうと、留学生らの起業支援に力を入れているそうです。県内企業の外国人の受け入れ態勢が整っていないことが大きな理由で、留学生の卒業後の新たな受け皿として期待しているとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・IoTで高齢者見守り 大阪府住宅供給公社が支援サービス【産経WEST】
情報通信会社などと共同で実施する実証実験では、高齢者宅の冷蔵庫やトイレの扉などにセンサー装置を取り付け、24時間動きが感知されない場合などに、親族のスマートフォンに通知が届くとのこと。続きは、【産経WEST】で。

・再配達防止、大学生に照準=生協、NGOと有効策探る−環境省【時事ドットコム】
学生に身近な大学生協などと連携してアンケートを行い、若者向けの再配達防止策を共同で検討。インターネット通販を頻繁に使う大学生の意見を聴くことで、効果的な対策を考える方針だそうです。【時事ドットコム】で。
画像

・日米協議、車や農業折り合わず、9月に持ち越し【共同通信】
自由貿易協定(FTA)を念頭に2国間交渉を求めたトランプ米政権に対し、日本は多国間の自由貿易を重視する姿勢で臨んだが、自動車関税や農業分野などを巡る議論は折り合わず、結論は9月に予定する次回会合以降に持ち越したとのことです。続きは、【共同通信】ニュースで。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


微小物質使い難病腸炎改善 阪大がマウスで 新薬に道〜注目ニュース

2018/08/11 05:41
・微小物質使い難病腸炎改善 阪大がマウスで 新薬に道【産経WEST】
慢性の炎症や潰瘍により下痢、腹痛に悩まされる炎症性腸疾患(IBD=代表的な疾患は、いずれも難病指定されているクローン病と潰瘍性大腸炎)を、マイクロRNAという微小物質を投与して改善することにマウスを使った実験で成功したと、大阪大の山本教授(消化器外科学)のチームが10日、発表。新薬開発につながる可能性があるということです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・作業員の技能、業界で共有 新システムで待遇改善へ【産経ニュース】
国土交通省は10日、全国の建設作業員の資格や就業履歴を登録し、業界内で共有するシステム=「建設キャリアアップシステム」の運用を来年4月から始めることを決めたそうです。建設会社が作業員の技能を適切に評価できるようにし、賃金など待遇の改善につなげるとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・農水産物輸出、6年連続最高=日本食人気で15%増−18年上期【時事ドットコム】
品目別では、牛肉が霜降り人気で37.4%増の108億円、健康志向の高まりで緑茶などの清涼飲料水が22.7%増の136億円と伸びた。果実はリンゴが輸出額首位で45.8%増の59億円。水産物はホタテ貝が13.7%増の257億円と最も多かった。政府が重点品目と位置付けるコメは14.6%増の17億円、日本酒は21.8%増の105億円。 輸出先は、香港が17.3%増の985億円で首位となり、中国(658億円)、米国(559億円)、台湾(421億円)、韓国(305億円)と続いたそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・下請けいじめ、35%が経験=相談窓口の利用低調−総務省調査【時事ドットコム】
相談窓口は、中小企業庁の「下請かけこみ寺」など全国各地に設置されていますが、窓口の存在を知らない下請け企業も少なくなく、調査では利用が進んでいない実態が浮かび上がったとのこと。取引解消など親事業者からの報復を恐れて利用をためらうケースもあり、総務省は相談後のフォローを行うなど窓口運営の改善を経産、国交両省に求めたそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・最低賃金、23県で目安超え、全国平均の時給874円【共同通信】
高知や沖縄など23県で、中央最低賃金審議会(厚労相の諮問機関)が示した引き上げの目安額を1〜2円上回り、全国平均の時給は現在より26円増の874円となった。26円は、02年度に現行方式になってから最大の引き上げ幅。新しい最低賃金は10月から順次適用される。続きは、【共同通信】ニュースで。

・ロシア 北極圏のLNG生産プラント 2倍に拡張【NHKニュース】
ロシアのガス会社が北極圏に建設した、LNG=液化天然ガスの生産プラントで生産能力を2倍に拡張する工事が終わり、今後は北極海航路を利用して、日本などアジアの国々への輸出を拡大したい考えだそうです。ロシアの大手ガス会社「ノバテク」は、フランスや中国の企業とともに、北極圏のヤマル半島にLNGの生産プラントを建設し、去年12月から輸出を始めています。続きは、【NHKニュース】で。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


インフラ老朽…塗料で守る 重ね塗りでも剥がれにくい新製品〜注目ニュース

2018/08/10 05:37
・インフラ老朽…塗料で守る 重ね塗りでも剥がれにくい新製品【産経WEST】
高速道路や鉄道の鋼橋などを腐食から守り、補修時に重ね塗りするほど剥がれにくくなる塗料を関西の塗料メーカー3社と四国電力グループが共同開発。温度変化の影響を受けやすく塗膜が厚くなると剥離のリスクが高まる従来品の難点を克服。老朽化したインフラの寿命を延ばす効果が期待できるそうです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・カシオ、ロングセラー腕時計の組み立て自動化 人気の「日本製」を低コストに【産経ニュース】
腕時計は多品種少量生産が多く、自動化費用を回収しにくい。対象製品は平成元年発売の「A159WA」で、内部基盤を本体に組み込む作業を自動化し、月産10万個を想定。生産効率が3倍に向上し、コストは半分と中国工場並みに下がるそうです。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・水素製造拠点、福島で本格着工=東京五輪時の活用目指す【時事ドットコム】
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、東芝エネルギーシステムズ、東北電力などは9日、福島県浪江町に建設する世界最大級の水素製造拠点の本格着工を発表。太陽光などで発電した電力を最大1万キロワット使い、大規模に水素を製造できる。製造した水素は燃料電池車などに使われる予定。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・5年連続、就職が離職上回る、人手不足影響【共同通信】
厚生労働省が9日発表した2017年の雇用動向調査によると、労働者のうち、就職や転職で新たに仕事に就いた人の割合を示す「入職率」は前年比0.2ポイント上昇の16.0%で、退職や解雇で辞めた人の割合を示す「離職率」は0.1ポイント低下の14.9%だったそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・QRコード決済 規格統一へ本格始動 130企業・団体参加【産経ニュース】
QRコード決済には、消費者がスマートフォンの画面のQRコードを提示して店舗側に読み取ってもらうなど、4つの方法がある。協議会は来年3月までに議論をまとめ、規格の統一を目指すそうです。続きは、【産経ニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


血液数滴でアルツハイマー検査 島津製作所、サービス開始〜注目ニュース

2018/08/09 05:20
・血液数滴でアルツハイマー検査 島津製作所、サービス開始【産経WEST】
今回の受託分析サービスは、人間から採取した血液0・6ミリリットルを質量分析計で分析し、数分から数時間程度で脳内に認知症の一種であるアルツハイマー病の原因物質であるアミロイドベータというタンパク質がどれだけ蓄積しているかを推定できるとしている。まず日本や米国の製薬会社からの受注を受け付ける。新薬の開発でコストを抑制できるなどの効果が期待できるということです。続きは、【産経WEST】で。

・人手不足倒産が今年最多 全体件数は減少【産経ニュース】
東京商工リサーチが8日発表した7月の全国企業倒産件数(負債総額1000万円以上)は、人手不足関連の倒産が前年同月より増え、今年最多の41件となったそうです。全体の倒産件数は1・6%減の702件で、4カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は2・5%増の1127億1100万円。中小企業で「人手不足が深刻さを増している」とのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・入国管理庁、来年4月発足=労働者受け入れへ体制強化−政府【時事ドットコム】
政府は8日、外国人労働者の受け入れ拡大に向け、来年4月から法務省入国管理局を「入国管理庁」に昇格させる方向で最終調整に入ったそうです。同月から新たな在留資格制度を導入するのに合わせ、出入国管理の体制を強化。入国審査官や入国警備官を増員し、迅速で厳格な手続きに万全を期す考えだそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・17年度の食料自給率38%、過去2番目の低水準続く【共同通信】

農林水産省は8日、2017年度のカロリーベースの食料自給率が16年度と同じ38%だったと発表。生産額ベースの自給率は2ポイント下落の65%で、こちらも過去2番目の低水準だったそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「宇宙ファンド」政投銀が検討、ベンチャー育成へ〜注目ニュース

2018/08/08 04:11
・カネカ、海水中で分解できるプラスチック増産へ【産経WEST】
生産能力増強を決めたのは100%植物由来のプラスチック「PHBH」。30度の海水で、6カ月以内に90%以上が水と二酸化炭素に分解されるそうです。欧州ではプラスチック削減の動きが強化されており、市場が拡大するとみているとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・国内わずか20社 宇宙ベンチャーに資金の壁【産経ニュース】
宇宙関連ベンチャーは欧米を中心に海外では1千社以上あるが、国内ではまだ20社程度にとどまる。日本では宇宙ビジネスに投資する民間企業が少ない。実用化までに膨大なコストと時間が必要なだけに尻込みしてしまうのが実情。続きは、【産経ニュース】で。

・「宇宙ファンド」政投銀が検討、ベンチャー育成へ【産経ニュース】

日本政策投資銀行の渡辺社長は7日までに産経新聞のインタビューに応じ、成長が見込まれる宇宙産業を後押しするため将来的に民間金融機関と共同でファンド設立を検討する考えを明らかにしたそうです。政府は国内宇宙産業の市場規模を2030年代早期に2兆4千億円まで倍増させる目標を掲げており、政府系金融機関として資金面で協力。続きは、【産経ニュース】で。

・カード会員、ロボットが勧誘=無人店舗実現へ実験−イオン【時事ドットコム】

店頭にカメラと人工知能(AI)を搭載した電子看板(デジタルサイネージ)を設置し、その前で立ち止まった客がいるとペッパーが近づいてカードの紹介などを行う。関心を示した客については、ペッパーがカウンターに誘導するそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・ホンダジェットが世界首位、18年上半期の引き渡し機数【共同通信】
ホンダは7日、顧客への引き渡し機数が17機で、小型ジェット機の分野で世界首位になったと発表。機体は最大7人乗りで、主翼の上にエンジンを配置し、広い室内空間を確保。新型の「ホンダジェットエリート」の日本での受注が10機を超えたことも明らかに。続きは、【共同通信】ニュースで。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


爆建物や復興シンボル周遊=「ピースツーリズム」開始へ−広島市〜注目ニュース

2018/08/07 05:54
・スープやパックごはん新商品 狙いは「働く女性」 時短と栄養を両立【産経ニュース】
これらの新商品の背景には、女性の活躍推進が進んだことに伴い女性の雇用が増加してきたことがある。仕事、家事、育児と負担を抱え、手間がかかる食事準備は効率化させたいという「時短」ニーズが強い。一方、家族も含め健康維持のため食事を適切に取りたいと考える女性は多く、各社は新商品によってこうした需要の取り込みを図る狙いだそうです。味の素が20日に発売する「クノールカップスープ ベジレシピ」は、1杯でミニトマト16個分を含有し栄養価が高い上に熱湯を注ぐだけでできる時短調理が売りで、「野菜をしっかり取りたい」という20、30代の働く女性に売り込むとのこと。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・被爆建物や復興シンボル周遊=「ピースツーリズム」開始へ−広島市【時事ドットコム】
広島市は、原爆ドームのある平和記念公園を中心に、被爆した建物や慰霊碑を巡り平和への思いを深めてもらう観光周遊を計画している。戦争や災害の跡を訪ねる旅は「ダークツーリズム」とも呼ばれるが、「負の遺産だけでなく復興の様子を知ってもらいたい」(担当者)との思いから、ピースツーリズムと名付けたそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・学生の五輪ボランティア 企業の意識調査 筑波大【NHKニュース】
再来年の東京オリンピック・パラリンピックで、大学生にボランティアへの参加を勧めながらその後の就職活動とも両立してもらいたいと、筑波大学は全国の企業を対象に学生のボランティアをどのように評価するかなどをたずねるアンケート調査を始めたそうです。続きは、【NHKニュース】で。
画像

・かき氷 販売一時休止へ 猛暑で生産追いつかず【NHKニュース】
宇都宮市に本社があるフタバ食品が販売を休止するのは「サクレ」という商品名のカップ入りのかき氷で、レモンやオレンジ、白桃、あずき、マンゴーの5種類の味が対象。会社では、工場をフル稼働させて対応していますが生産が追いつかず、このままでは、全国のスーパーやコンビニなどに安定的に商品を供給できないとして、在庫がなくなりしだい販売を一時、休止することを決めたそうです。

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ことしのサンマ漁獲量 “去年より増えそう”〜注目ニュース

2018/08/06 05:32
・長さ世界一の明石海峡大橋、3位デンマークの橋と協定 管理法など情報交換【産経WEST】
本州四国連絡高速道路は、長さ世界3位のつり橋「グレートベルト橋」を管理するデンマークのストアベルト社との技術協力協定に調印。協定では、長大橋の設計や施工、維持管理、研究開発などについて情報を交換するほか、有料道路の建設・運営についても意見を交わすそうです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・米、LNG輸出に本腰=貿易交渉の材料にも【時事ドットコム】
「シェール革命」とも呼ばれる採掘技術の向上で国内のガス産出量が急増。海外に販路を広げることでエネルギー産業の活性化や雇用拡大を狙う。米エネルギー情報局(EIA)によると、米国のLNG輸出量は2014、15年に4億立方メートル前後だったのが、16年に52億立方メートル、17年には200億立方メートルに急増。20年にはマレーシアを抜き、オーストラリア、カタールに次ぐ世界3位の輸出大国になるとみられているそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
画像

・ことしのサンマ漁獲量 “去年より増えそう”【NHKニュース】
ことしのサンマについて、農林水産省の関連団体「水産研究・教育機構」がことし6月から先月にかけて行った調査によりますと、主な漁場となる北海道から千葉県沖にやってくるサンマの量は145万トンと推定されています。これは去年のおよそ2.5倍だそうです。サンマの分布としては、調査時点では日本からやや遠い海域に多かったことから、これらのサンマが漁場に近づく来月中旬以降に漁獲量の増加が見込まれるということです。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


農産物輸出6年連続最高に 上期4千億円超 TPP追い風に政府目標1兆円も現実味〜注目ニュース

2018/08/05 05:14
・内装工職人のなり手求む 京都・木津川で育成アカデミー【産経WEST】
建設業界で人手不足や後継者不足が深刻化するなか、厚生労働省の建設労働者緊急育成支援事業を受けて一般財団法人建設業振興基金(大阪市中央区)が開講。訓練期間は22日から9月26日まで。同基金の施設と木津川市の当尾の郷会館の体育館やグラウンドなどを活用し、木工や左官工、防水工、塗装工などの技術を学ぶ。修了後には就職先を紹介するそうです。続きは、【産経WEST】で。

・パナソニックがミャンマーの学校に太陽光発電寄贈 教室・寮「明るくなって勉強しやすい」【産経WEST】
今年5月、ミャンマー最大の都市、ヤンゴンから西に約80キロ離れた人口約1800人のベービンセンナ村にある学校にソーラーパネルと蓄電装置が設置された。太陽光発電で蓄えた最大3キロワットの電気を、約600人の生徒が教室、寮などの明かりに使っているそうです。無電化地域の問題解消で、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に掲げられた貧困解消などの課題解決に貢献する一方、設備の保守、維持は地域で行ってもらい、自立につなげるのが狙い。続きは、【産経WEST】で。
画像

・ふるさと納税 返礼にロボスーツ装着体験 三重・鈴鹿、医療機器の先進市PR【産経WEST】
サイバーダイン社(つくば市)の製品「HAL」を使用。鈴鹿市は市内にある同社子会社、鈴鹿ロボケアセンターと連携してロボットの普及に取り組んでおり、ふるさと納税を通じてリハビリ治療や医療機器の先進市として全国にアピールしたい考え。鈴鹿市は平成25年度にHALを使った歩行訓練費用の一部を補助する制度を導入。27年度には鈴鹿ロボケアセンター、鈴鹿医療科学大と協定を結び、ロボットを使ったリハビリ訓練技師の育成、市内医療機関へのロボット普及などに取り組んでいるそうです。続きは、【産経WEST】で。
画像

・農産物輸出6年連続最高に 上期4千億円超 TPP追い風に政府目標1兆円も現実味【産経ニュース】
30年上期は、世界的な日本食ブームが続いていることから全体的に好調だった。特に、中国やベトナム、フィリピンなどアジア向けの伸びが目立った。中でも品質の高さから海外で人気の高まる牛肉やイチゴの輸出増が目立ったそうです。続きは、【産経ニュース】で。

・AIが薦める”あなた好みの商品” 導入相次ぐ【NHKニュース】

「ユニクロ」が先月始めたのはスマートフォンの専用アプリを使ったサービスで、「出張」や「アウトドア」などのキーワードを入力すると、利用したい場面に応じたさまざまな着こなしの画像が表示されるそうです。この画像は、AIが客の性別や年齢、それに購入履歴などをもとに分析したもので、画像をタッチすればネット通販のページに変わり、すぐに商品を購入できる仕組みになっているとのこと。続きは、【NHKニュース】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


電機大手、家電から法人向けに軸足 半導体やEV電池…業績安定狙う〜注目ニュース

2018/08/04 06:19
・シャープ家電 海外生産に軸足 国内拠点は先端分野に注力【産経WEST】
八尾工場(大阪府八尾市)は冷蔵庫生産を終え、栃木工場(栃木県矢板市)も液晶テレビ生産を年内で打ち切り、海外生産にシフト。経営危機からの再建が進む中、海外の売上高拡大を図って経営基盤の足場を固めつつ、グローバル競争を勝ち抜くための新たな事業体制を築きたい思惑があるとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・電機大手、家電から法人向けに軸足 半導体やEV電池…業績安定狙う【産経ニュース】
海外勢との競争が激しく業績変動も大きい家電事業より、売値が比較的安定し、受注後も更新需要などで継続収入が得られる法人向けを強化することで業績の安定につなげる狙いがあるとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・ネット通販、高齢者にも広がり=消費額、若い世代に負けず−経済財政白書【時事ドットコム】

15〜17年にネットを利用した世帯(2人以上)の消費額を世帯主の年齢層別に調べたところ、1カ月当たりの平均額は、30代までが2.6万円、40代が2.8万円、50代は3.3万円と年齢が上がるにつれ増加。60代と70代以上もそれぞれ3.2万、3.1万円で50代とほぼ同水準だったそうです。一方、17年にネットで買い物をした世帯の割合は全体で33%。64歳未満の47%に対し、64歳以上では19%にとどまる。高齢層の利用者は支出金額が多い半面、まだ少数派なため、全体としてネット消費拡大の余地があるということです。
画像


・全農、薄切り和牛で米市場開拓、狙いはシリコンバレーの高所得層【共同通信】

主なターゲットは、西部カリフォルニア州シリコンバレーのIT企業などに勤める高所得層や薄切り肉を食べ慣れたアジア系の人たちだそうです。全農の米子会社は昨年11月、現地企業と折半出資で同州ロサンゼルス近郊に食肉加工販売会社「P&Zファインフーズ」を設立。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像

・動画コンテンツの制作・配信を支援へ 「クールジャパン機構」【NHKニュース】
関係者によりますと、官民ファンドの「クールジャパン機構」は、ことし秋から通信会社や出版社など4社と合わせて50億円余りを出資した新たなファンドから、日本の制作会社への融資を始めるそうです。将来的にはファンドの規模を100億円に拡大させる予定だということです。続きは、【NHKニュース】で。

・技術革新は働き方を変える 経済財政白書【NHKニュース】
企業への調査の結果、「AI」=人工知能やモノとインターネットがつながる「IoT」の普及によって、一般事務、秘書、人事、経理、工場の製造工程などの職種で雇用が減る一方、技術系の専門職や人との対話が必要な営業、販売などでは、逆に雇用が増えることが見込まれるとしています。このため日本で不足している高度なIT技術を持った人材や機械への置き換えが難しいマネジメント能力や分析力、コミュニケーション能力に優れた人材の育成を急ぐべきとしています。続きは、【NHKニュース】で。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


米フェイスブック ”スマホ依存症対策”を発表【〜注目ニュース

2018/08/03 04:49
・これが御堂筋の新ランドマーク…三菱UFJ銀ビル竣工 高さ100m超、規制緩和1号【産経WEST】
低中層部の外装は石張り、列柱デザインの重厚な構え。1階は一般の人も出入りできるカフェやギャラリーを設け、銀行が保有する絵画や貨幣・両替商道具などを紹介。続きは、【産経WEST】で。
画像

・経営状況がマズい£カ子電鉄が「まずい棒」 新菓子で自転車操業打破【産経ニュース】
公式サイトでは「電車なのに自転車操業…」と窮状を訴え「正直、おいしいです」とPR。同社はこれまでも、ぬれ煎餅を販売して収益を上げており、新たな名物に期待しているそうです。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・今春の大卒者、77%が就職 好景気反映、8年連続増【産経ニュース】

調査によると、就職者以外の状況は「大学院や海外の学校などへの進学」が6万6825人で、卒業生に占める割合は8年連続減の11・8%。資格取得の勉強や家事手伝いなどで「進学も就職もしていない」は3万9843人(7・0%)、パートやアルバイトなどの「一時的な仕事」は8686人(1・5%)だったそうです。続きは、【産経ニュース】で。

・EUが米産大豆“爆買い”、3.8倍、約束実現強調【共同通信】
ユンケル欧州委員長はトランプ米大統領と7月に会談した際、米国が欧州車への高関税を見合わせる事実上の見返りに、大豆輸入拡大の意向を示しており、約束は果たしたと訴えた形。EUの最大の大豆輸入元はブラジル。しかし、米中の貿易摩擦激化で中国が米国産大豆に報復関税をかけたことで、米国産がだぶついて価格が下落した一方、ブラジル産が高騰。こうした市場の動きも背景にあるそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。

・米フェイスブック ”スマホ依存症対策”を発表【NHKニュース】
具体的には、アプリの利用時間をグラフで表示したり、利用時間が設定の時間に達したら通知したりするというもので、今後、22億人を超える各国の利用者向けに順次導入するということです。フェイスブックは、SNSが精神衛生に及ぼす影響などを研究している外部の専門家らの協力を得て開発したと説明。続きは、【NHKニュース】で。
画像

・愛称は「Qなっつ」 新品種の落花生 販売へ【NHKニュース】
この落花生の新品種は、千葉県農林総合研究センターが18年をかけて開発したもので、これまでより甘みが強くなっているほか、「さや」の部分が白みがかっていることから、贈答用の需要も期待されているそうです。これまでのピーナツを超えるという意味を込めて、アルファベットの並び順で「P」の次に当たる「Q」を用いているということです。続きは、【NHKニュース】で。

・世界に1台だけ? 珍しい「竹ちくわ専用自販機」淡路ハイウェイオアシスに登場 稼働20余年のレトロ機種【産経WEST】
食品類の自販機の寿命が10年強ともいわれるなか、今年で「22歳」。開発・運営会社は「せめて余生は、にぎやかな場所で末永く…」と。続きは、【産経WEST】で。

画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


JDI、消費者向け事業開始へ=ディスプレー付きドアなど商品化〜注目ニュース

2018/08/02 04:29
・不要のスーツケース、無料引き取りサービス 放置相次ぐ関空【産経WEST】
関西国際空港では近年、ターミナルのベンチ付近などにスーツケースが平均1日1〜2個、多い日には10個程度放置されているという。外国人観光客が、日本で買ったお土産などを別のスーツケースにまとめるなどし、必要がなくなったものを捨てていくケースが考えられるそうです。引き取ったスーツケースはリサイクル会社に引き渡し、再利用するということです。続きは、【産経WEST】で。

・ローソン、高齢者ニーズ対応店オープン 介護や栄養の相談窓口【産経ニュース】
ローソンは昨秋、調剤薬局に加え一般用医薬品(OTC医薬品)もそろえた「ヘルスケアローソン」と呼ぶ同店を開店。今回新設した相談窓口では、管理栄養士や介護相談員が常駐し高齢者が陥りやすい低栄養などの相談に無料で応じる。食事の相談内容次第でローソンが得意とする健康に配慮した食品を紹介したりするそうです。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・中国企業のドイツ工作機械メーカー買収、中国側が断念 独政府も安保上の懸念から却下を決定【産経ニュース】
中国企業が買収を目指していたのは工作機械メーカー「ライフェルト・メタル・スピニング」。宇宙船や航空機、原発の部品製造技術で知られる。複数の独メディアが先立ち、ドイツ政府が昨年強化した外資規制の下で初の「拒

・JDI、消費者向け事業開始へ=ディスプレー付きドアなど商品化【時事ドットコム】
中小型の液晶製品を主力とするジャパンディスプレイ(JDI)は1日、事業多角化のため、スケジュールや天気情報などを表示できる液晶ディスプレーを貼り付けたドア「フルハイトミラオス」をはじめ、開発中の5製品を公表。続きは、【時事ドットコム】で。

・高齢者向け格安スマホ ワイモバイル発売【産経ニュース】
電話相談窓口に直接つながるアイコンを備えるなど、スマホ操作に慣れていない高齢者ら向けの「かんたんスマホ」を発表。60歳以上の購入者限定。続きは、【産経ニュース】で。
画像

・近大が体育会系の統一ロゴ、ユニホームを発表「関西、日本の発展に寄与したい」【産経WEST】
統一ロゴは近大の英語表記から「KDU」に決定。ユニホームはアメリカンフットボール部やゴルフ部など、まず5クラブのものが製作された。いずれも「近大ブルー」とする青を基調とし、将来的には学内で衣類などのコラボグッズの販売を予定。大学スポーツの人気低迷に歯止めを掛け、収益事業化する取り組みの一環。続きは、【産経WEST】で。
画像

・女性・高齢者の労働参加も一因=物価伸び悩みで原因分析−日銀【時事ドットコム】
根強い節約志向に加え、パートで勤務する女性や高齢者がわずかな賃金上昇でも働いてくれることから、結果として賃上げを全体的に抑制と。続きは、【時事ドットコム】で。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日々好日〜なにげない光景から/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる