サイボーグで介護現場を救えるか? 軽量版マッスルスーツを試験導入 福島・神奈川で

【産経ニュース】によりますと、東京理科大発ベンチャー「イノフィス」(東京)は、腰の動きを補助して重いものでも軽々と持ち上げられる装着型装置「マッスルスーツ」の軽量版モデルを開発、リリースしたそうです。筋力を補う「パワードスーツ」「ロボットスーツ」と呼ばれる“サイボーグ”で、スタッフ不足の介護現場での活用に期待がかかる。6月、神奈川、福島両県の施設で試験導入事業が相次いで始まったとのことです。
『マッスルスーツは小林宏・同大工学部教授らが開発。バックパックのように背中に装着し、ゴムチューブの人工筋肉を圧縮空気で伸縮させて背筋力を補う仕組みだ。
装着することで腰にかかる負担は3分の1程度になり、重いものでも簡単に持ち上げられ介護、工
 厚労省によると、介護職員の離職率が改善しない一方で、現状の増員ペースで推移すれば平成37年度には38万人の介護職員が不足するとの推計がある。
人材不足の一因には、高齢者らを抱きかかえるなどの作業によって腰痛に悩まされる介護職員が少なくないことがある。作業軽減のための“アシスト”としてサイボーグが期待されるわけだ。
有識者で構成する「日本創成会議」(座長=増田寛也元総務相)もこのほど発表した提言の中で、介護人材現場でのロボット活用を指摘した。』
マッスルスーツのデモンストレーションでは、女性が中腰になって20キロのおもりを軽々と持ち上げた=東京都江東区
画像

いい結果が出て欲しいです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

地球環境直球勝負(GIC結晶)
2017年09月04日 21:18
 現在の機械工学における構造材料の耐久性に対する主な問題点は強度ではなく、摩擦にある。島根大学の客員教授である久保田邦親博士らが境界潤滑(機械工学における摩擦の中心的モード)の原理をついに解明。名称は炭素結晶の競合モデル/CCSCモデル「通称、ナノダイヤモンド理論」は開発合金Xの高面圧摺動特性を説明できるだけでなく、その他の境界潤滑現象にかかわる広い説明が可能な本質的理論で、更なる機械の高性能化に展望が開かれたとする識者もある。幅広い分野に応用でき今後48Vハイブリッドエンジンのコンパクト化(ピストンピンなど)の開発指針となってゆくことも期待されている。

この記事へのトラックバック