「ドライブスルー八百屋」が首都圏で人気 非接触と食品ロス削減で~注目ニュース

・「ドライブスルー八百屋」が首都圏で人気 非接触と食品ロス削減で【産経ニュース】
青果卸売会社「フードサプライ」が9日から東京都や埼玉、千葉両県などで開いており、21日には横浜市など、23、24両日には埼玉県八潮市などでの開催を予定しているそうです。飲食店の場合、自治体による営業時間短縮要請を受け入れると協力金が支給されるが、飲食店向けに野菜を作っている農家などは対象外フードサプライの担当者は「野菜廃棄を防ぐ支援をする」と話しているそうです。続きは、【産経ニュース】で。
ドライブスルー.jpg
・ヨーカ堂など5社、食品ロス削減へ実験 流通情報を追跡管理【時事ドットコム】
イトーヨーカ堂など5社は20日、専用ネットスーパーで販売する食品の情報を、1点ごとに生産地から家庭で消費・廃棄されるまで追跡管理する実証実験を東京都内で始めたと発表。鮮度情報を確認することもでき、食品ロスの削減につながるか検証するそうです。続きは、【時事ドットコム】で。

・林業大学校を宇都宮に開校へ 将来の労働力不足を懸念 栃木県【NHKニュース】
将来的な林業の人材不足が懸念されている栃木県は、林業に携わる若手を育成しようと、宇都宮市に新たに林業大学校を開校する方針を固め、必要な経費およそ1億3000万円を新年度の当初予算案に計上するそうです。県の関係者によりますと、大学校は1年制で宇都宮市に設置される予定で、主に新規の就業を目指す若い世代を対象に、林業に関わる技術や知識を学んでもらう予定だということです。続きは、【NHKニュース】で。

・バイデン米新政権、対中強硬路線を継続 日本企業は板挟みのおそれ【産経ニュース】
日本政府関係者は「米国は中国に対して弱腰で当たることは考えにくい」と指摘。バイデン新政権でも続くとみられる対中強硬路線で、「『中国と取引をするな』という流れが華為以外にも広がる」ことを警戒。みずほ総合研究所の菅原主席研究員も、米中対立の中で日本企業が判断を見誤ると、「対中制裁に協力を求める米国と最大の貿易相手国である中国との間で、日本企業が板挟みとなりかねない」と分析。続きは、【産経ニュース】で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント