“名古屋めし”が宇宙食に認証 春から国際宇宙ステーションへ~注目ニュース

・スマホ利用、70歳以上4割 「生活に必要ない」―内閣府調査【時事ドットコム】
70歳以上の利用していない理由(複数回答)で最も多かったのは「自分の生活に必要ないと思っている」(52.3%)で、「どのように使えばよいか分からない」(42.4%)、「必要であれば家族に任せればよい」(39.7%)が続いたそうです。総務省の担当者は「高齢者に情報通信機器の必要性を周知することが重要」と分析。続きは、【時事ドットコム】で。

・下関産の魚をシンガポールで、特別メニューで売り込み【共同通信ニュース】
山口県下関市は22日までに、ノドグロやアマダイ、アカガイといった地元の食材を使った料理をシンガポールのレストランで提供する催しを始めたそうです。下関産への関心を高め、シンガポールでブランドを確立するのが狙い。続きは、【共同通信ニュース】で。
画像2.jpg
・“名古屋めし”が宇宙食に認証 春から国際宇宙ステーションへ【NHKニュース】
「名古屋コーチン」や「八丁みそ」などいわゆる名古屋めしの食材を使った料理が、JAXA=宇宙航空研究開発機構から宇宙食に認証されたそうです。ことしの春ごろから国際宇宙ステーションに滞在する予定の宇宙飛行士、星出彰彦さんに提供される見通しだということです。常温でもおいしく食べられるよう味の濃さなどが調整されているほか、一般的な宇宙食は流動食が多いことから、歯応えを感じられるように煮る時間なども工夫されているということです。続きは、【NHKニュース】で。
名古屋1.jpg名古屋2.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント