風力発電、洋上にシフト 欧州各社、日本市場にも熱視線~注目ニュース

・風力発電、洋上にシフト 欧州各社、日本市場にも熱視線【時事ドットコム】
欧州では近年、巨大な風車を何十基も建てる陸上風力に対する住民の反発が拡大。特にドイツでは騒音や環境破壊などを理由とする訴訟が多発し、19年の陸上風力の導入容量は過去20年で最低となったそうです。こうした事情に加え、洋上風力の課題だった発電コストの低下が進み、19年時点で1000キロワット時当たり約80ドル(約8300円)と、10年間で約半分になったことも普及に拍車を掛けているとのこと。日本を「大きな成長が期待される重要地域」と位置付けるノルウェーのエネルギー大手エクイノールは20年9月、東京電力グループと中部電力の共同出資会社JERA(ジェラ)などと、秋田県沖での洋上風力事業参入に向けた企業連合を設立すると発表。続きは、【時事ドットコム】で。
洋上.jpg
・日本とイギリスのEPA=経済連携協定が1日発効【NHKニュース】
協定では、日本とEUのEPAをおおむね踏襲し、日本から輸出する自動車の関税を2026年に撤廃する一方、輸入される農産品については新たな関税の負担は生じないことになっているそうです。また、電子商取引の分野では、ビジネス上必要な企業のデータのやり取りに対して両国が介入することを制限する措置を講じるなど、これまでより高いレベルのルールを規定。続きは、【NHKニュース】で。

・創業100周年大阪は211社 高島屋は190周年【大阪日日新聞】
帝国データバンクは30日までに、2021年に創業から節目の年を迎える近畿2府4県の企業は2万157
社だと発表。大阪では、「高島屋」(大阪市中央区)が190周年を迎えるほか、100周年は211社。1921年創業の100周年は、自転車部品メーカー「シマノ」(堺市堺区)▽味付けのり販売「ニコニコのり」(同市浪速区)▽文具メーカー「サクラクレパス」(同市中央区)-など。続きは、【大阪日日新聞】で。