トヨタ系が出向受け入れ 三菱重や川重の航空関連企業から~注目ニュース

・トヨタ系が出向受け入れ 三菱重や川重の航空関連企業から【産経ニュース】
トヨタ自動車子会社のトヨタ車体(愛知県刈谷市)が、三菱重工業や川崎重工業といった航空機部品の関連企業から出向を受け入れているそうです。新型コロナウイルス流行の影響で航空機関連の生産が落ち込んでおり、部品メーカーには余剰人員が出ている。トヨタグループは地域の雇用維持のために受け入れを決めたとのことです。
出向は各社の中部地方の拠点から延べ数百人規模となる見通しだそうです。配属先はスポーツタイプ多目的車(SUV)の「ランドクルーザー」などを生産する吉原工場(愛知県豊田市)やミニバンの「アルファード」などを造るいなべ工場(三重県いなべ市)。続きは、【産経ニュース】で。

・米新政権、TPP早期復帰に慎重、国内経済の回復優先、通商後回し【共同通信ニュース】
サキ米大統領報道官は記者会見で、「大統領は協定内容が完全ではないことを認識している」と強調し、再加入する環境が整っていないとの見方を示したそうです。雇用への悪影響など労働者層の懸念が念頭にあるとみられるとのことです。続きは、【共同通信ニュース】で。

・コロナ禍でクラウドファンディング広がる 新事業に活用も
新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている飲食店などが、インターネットを通じて個人から幅広く資金を募るクラウドファンディングで支援を呼びかける動きが広がっているそうです。クラウドファンディングの運営会社「Makuake」の坊垣取締役は「一時的に資金を得るだけでなく新商品の開発や業態変更のために資金を集める事業者が増えている。消費者もこうした動きを応援するために、お金を使いたいというニーズが増えていると感じる」と話しているとのことです。続きは、【NHKニュース】で。
クラファ.jpg