“夢の高炉”技術開発着々と進む-「コース50」、CO2大幅削減

【日刊工業新聞】によりますと、 CO2の排出量を抜本的に削減した夢の高炉―。高効率でクリーンな製鉄技術の確立に向けた研究が、日本の鉄鋼業界で着々と進んでいるそうです。それが環境調和型の製鉄プロセス技術開発「COURSE50(コース50)」だ。地球規模での環境対策が待ったなしの中、コース50が新たな未来を形作ろうとしている。(編集委員・村上毅)
『新日鉄住金の君津製鉄所(千葉県君津市)。CO2排出削減の技術として期待するのは水素による還元だ。コークス製造時に発生する高温のコークス炉ガス(COG)には水素のほかに、タールやメタンなどが含まれる。これを改質してCOGに含まれる水素を増幅する。この水素ガスをコークスの代替として、鉄鉱石の酸素を除去(還元)する技術だ。
 従来の高炉製鉄法では鉄鉱石中から還元するのに一酸化炭素(CO)ガスを使っている。これを水素に置き換えれば還元で発生するのは水(H2O)のみとなる。水素還元技術により高炉からのCO2排出量を10%削減できると試算している。』
中国や韓国のメーカーを引き離す技術の開発です。詳しくは、【日刊工業新聞】で。

" “夢の高炉”技術開発着々と進む-「コース50」、CO2大幅削減" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント