国立がん研究センター、早期膵がんの検出法を開発-善玉コレステロール分子をバイオマーカーに

【日刊工業新聞】によりますと、国立がん研究センターの本田一文ユニット長らの研究チームは米国立がん研究所(NCI)と共同で、早期の膵(すい)がんを見つけられる手法を開発した。早期膵がんや膵がんリスクが高い疾患において、善玉コレステロールを形成するたんぱく質「apoA2アイソフォーム(類似分子)」が血液中で低下することに着目。この分子をバイオマーカー(目印となる生体物質)として利用することで、早期膵がんを検出できることを確認したそうです。
『膵がんは早期発見が難しく、他のがんに比べ予後不良なことが特徴。現状で膵がんのバイオマーカーである「CA19―9」は早期膵がんへの感度が低い。apoA2アイソフォームと組み合わせた検査法により、膵がんの早期発見につながる可能性がある。今後、神戸大学などと協力し同分子を利用した膵がんの模擬検診を実施する予定。』
朗報です。詳しくは、【日刊工業新聞】で。


"国立がん研究センター、早期膵がんの検出法を開発-善玉コレステロール分子をバイオマーカーに" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント