理研など、アルツハイマー病を進行させる生体物質「バイセクト糖鎖」を発見

【日刊工業新聞】によりますと、理化学研究所の木塚康彦基礎科学特別研究員、北爪しのぶ副チームリーダー、谷口直之チームリーダーらは、アルツハイマー病を進行させる生体物質を見つけたそうです。脳内に豊富に存在する「バイセクト糖鎖」と呼ばれる物質が、同病の原因物質とされるペプチド「アミロイドβ(Aβ)」の脳への蓄積を促すことが分かったとのことです。
『Aβを脳にたまりやすくした「アルツハイマー病モデルマウス」を準備。さらに遺伝子組み換えを行い、同糖鎖を作る酵素をなくしたアルツハイマー病モデルマウスを作製した。同糖鎖をなくしたマウスの脳をスライスし、切片を顕微鏡で観察した。
 通常のアルツハイマー病のモデルマウスに比べ、1歳の時点でAβの蓄積量が10分の1程度に抑えられ、記憶が低下していないことを明らかにした。
 Aβは「APP」というたんぱく質を2種類の酵素で切断して作られ、その酵素の一つである「BACE1」は同糖鎖と結合している。生体内で同糖鎖がなくなるとAPPの切断が起きにくくなり、Aβの産生量が減ることが分かった。さらにアルツハイマー病の患者の脳で、BACE1に結合した同糖鎖の量が増えていることも明らかにした。
 アルツハイマー病の発症過程で、BACE1に結合した同糖鎖が増えることでAβの産生量が増加。アルツハイマー病を進行させる一因となることが分かった。』
最近アルツハイマーに関する発見が続いているようです。早期に予防と治療に応用されることを期待。続きは、【日刊工業新聞】で。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック