トムソン・ロイター、ノーベル賞有力候補18人選定-日本は森和俊教氏と坂口志文氏

【日刊工業新聞】によりますと、米調査会社のトムソン・ロイター(ニューヨーク市)は24日、学術論文の引用数などを基に同社が予想するノーベル賞受賞の有力候補者として計18人を発表したそうです。日本人では、京都大学大学院理学研究科の森和俊教授(57)と、大阪大学免疫学フロンティア研究センターの坂口志文(しもん)教授(64)の2人がともに生理学医学分野の候補者として名前があがったとのことです。
『森氏のテーマは「小胞体内の変性たんぱく質の検出と修復によるメカニズムを独自に発見」。小胞体の中で作られた不要なたんぱく質の検出の仕組みを解明した。一方、坂口氏のテーマは「制御性T細胞と転写因子Foxp3の特性と機能に関する独創的な発見」。免疫に関わる制御性T細胞の研究を進めた。これらの成果は自己免疫疾患の治療やがん免疫の誘導などに応用されつつある。』
このところ毎年のように日本からノーベル賞受賞者が出ていますが、今年は如何に。続きは、【日刊工業新聞】で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック