iPSで血小板輸血、了承=京大の臨床研究計画-厚労省~注目ニュース

・歩道拡幅の京都・四条通、無電柱化で取り残された地上機器に磁器板の絵【産経WEST】
地上機器は、電線の地中化と無電柱化に伴い、それまで電線の上部にあった送電のためのスイッチを収納。四条通の先斗町から烏丸通までの間に32基が設置されている。歩道の中央部にあり景観面と安全面から課題となっているため、歩道の端に移設すると同時に、祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行や鴨川の秋の景色などの絵を描いた磁器板で飾り、市民や観光客にまち歩きを楽しんでもらおうと市が企画したとのこと。続きは、【産経WEST】で。
画像

・関空再開に合わせ、関西観光プロモーション 133施策そろい、訪日客の取り戻しへ【産経ニュース】
全日本空輸は関空発着の国際・国内線全便で訪日客向け運賃を値下げ。日本航空も国際線の関空到着便、国内線では関空に加え、大阪(伊丹)・南紀白浜発着便で最大3割を割り引くほか、伊丹-香港の臨時便1往復を運航。JR西日本は関西空港駅から京都駅や京都市内の宿泊先まで手荷物1個の無料宅配。関西主要交通機関の共通ICカード「関西ワンパス」では、290の観光施設やレストランが優待特典として参加しているとのこと。続きは、【産経ニュース】で。

・iPSで血小板輸血、了承=京大の臨床研究計画-厚労省【時事ドットコム】
認められたのは、江藤浩之京大教授らのチームが申請した計画。血液の細胞を十分に作れなくなる「再生不良性貧血」の患者のiPS細胞から血小板を作り輸血。この病気には献血で得られた血小板を輸血する治療法があるものの、今回対象となる患者は他人の血小板だと拒絶反応を起こしやすいとのこと。続きは、【時事ドットコム】で。
 
・東北全域ローソンで金足農のパン、秋田県内の限定販売が拡大【共同通信】
秋田県外からの要望も多く、発売エリアを東北全域に拡大。パンケーキは金足農の生徒が企画や宣伝、パッケージデザインに関わった。秋田県産の米粉やしょうゆを使ったパンで、蜜漬けしたリンゴを挟んでいるそうです。続きは、【共同通信】ニュースで。
画像

・経団連 就活指針“廃止” 来月にも正式に決定へ【NHKニュース】
就活ルールをめぐって、経団連は企業の採用活動の解禁時期などを定めた指針を2021年春の入社から策定しないことを、来月上旬にも正式に決める方針だそうです。これにより、経団連は就職活動のルールを示さないことになり、新たなルールは今後、政府が設置する協議会で議論されることになるとのことです。続きは、【NHKニュース】で。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック