CO2地下貯留へ新法 政府法律一本化を検討 民間参入、普及に弾み~注目ニュース

・CO2地下貯留へ新法 政府法律一本化を検討 民間参入、普及に弾み【産経ニュース】
CCSは、回収したCO2を地下深くにある隙間の多い砂岩などの層に閉じ込めることで大気中の濃度を抑える手法。日本でも実証試験が始まっているそうです。しかし設備の要件やCO2を圧入する際の安全基準などを定めたCCSに特化した法律はなく、現行の海洋汚染防止法などさまざまな法律の適用が必要。このため手続きが煩雑で、時間や手間がかかる要因になっているとのこと。一方、海外ではCCSに特化した法整備が進み、民間企業の参入も増えているそうです。そこで国内でもCCSに特化した法整備などで事業環境を整えることを検討するそうです。続きは、【産経ニュース】で。
CCS.jpg
・高速道に逃げろ! 相次ぐ水害、避難場所増設―国交省【時事ドットコム】
付近の住民が津波や水害から逃げ込めるようにするそうです。新たな整備対象は、津波や水害で想定される浸水の深さより高い所に位置する高速道59カ所と国直轄道路596カ所で、国と市町村が分担して整備。高速道などを避難場所として使うには、盛り土や高架部分に住民が上るための階段やスロープを設置した上で、路肩部分を拡幅するなどして身を寄せるスペースを確保する必要があるそうです。続きは、【時事ドットコム】で。
避難.jpg
・コロナ禍で進む?地方移住 東京の転出超過、人材獲得競争も【時事ドットコム】
中でも、埼玉、千葉、神奈川各県への転出が多いのが特徴だそうです。テレワークの普及で通勤回数が減ったことで、趣味との両立やより良い住環境を求め、通勤圏内の東京近郊への関心が高まったとみられるとのことです。
神奈川県逗子市では、空き家利用を希望する都内在住者が増加。同市は移住に使える住宅取得補助などを実施しており、市の担当者は「移住に伴う補助制度や子育て支援に関する問い合わせも増えている」と話す。続きは、【時事ドットコム】で。
転出.jpg
・「代替肉」や「陸上養殖」など フードテックを成長産業に 政府【NHKニュース】
「フードテック」は「食」のフードとテクノロジーを合わせた造語。▼豆など植物由来の原材料でつくる「代替肉」や、▼陸上の水槽などで効率的に魚を育てる「陸上養殖」、それに▼調理や物流でのロボットやITの活用など、多岐にわたるそうです。政府は、この「フードテック」を日本の成長産業に育てようと、農林水産省や民間企業でつくる協議会で、普及策や食品の品質を保証するための基準づくりに取り組んでいるそうです。続きは、【NHKニュース】で。