NTT東日本がドローン事業に参入 農業向けのサービス展開へ~注目ニュース

・NTT東日本がドローン事業に参入 農業向けのサービス展開へ【NHKニュース】
NTT東日本は、IT企業など2社と共同で新会社を設立し、ドローン事業に参入するそうです。農薬の散布や種まきをするドローンを国内で開発・生産するとともに、上空から撮影した作物の映像をAI=人工知能で分析して害虫対策にいかすなどのサービスを全国で展開する方針だそうです。ドローンをめぐっては、世界的に中国企業が高いシェアを占めていて、政府が安全保障の観点からも国産化を後押ししています。続きは、【NHKニュース】で。
NTTドローン.jpg
・あおぞら銀、紙通帳廃止 みずほ銀は有料化開始【時事ドットコム】
あおぞら銀行が2月から、新規で開設する預金口座をインターネット上で取り扱う口座のみに限ることとし、「紙の通帳」の発行を廃止することが18日、分かったそうです。また、みずほは18日以降に口座を開設する70歳未満の新規顧客を対象に紙通帳を有料化。通帳を更新する際にも同額を徴収。既存顧客には従来通り無料で対応するとのことです。続きは、【時事ドットコム】で。

・日産、契約社員を正社員へ 国内800人弱【産経ニュース】
日産自動車は18日、国内拠点で事務職に従事する全契約社員800人弱を、4月1日付で原則正社員にすると明らかにしたそうです。経営再建に向けた構造改革を進める上で、職場の一体感醸成やモチベーション向上による業務効率化が必要だと判断。工場の期間従業員は含まないとのことです。続きは、【NHKニュース】で。

・全国一のきんかんの産地 宮崎県 香港で「完熟きんかん」をPR【NHKニュース】
試食会は、きんかんの生産量が全国1位の宮崎県が、特産の完熟きんかん「たまたま」をPRしようと開き、香港のメディア関係者合わせて30人が参加。会場では、かつて香港を統治していたイギリス伝統のアフタヌーンティーの形式で、ロールケーキやゼリーとフォアグラのミルフィーユなど、すべて「たまたま」を使った9品の料理やデザートがふるまわれ、参加者が甘酸っぱい味を楽しんだそうです。香港ではきんかんは新年の縁起もので、「たまたま」づくしのアフタヌーンティーは来月の旧正月にあわせて、今月25日から1か月間、会場のホテルのメニューに加わるということです。続きは、【NHKニュース】で。
キンカン1.jpgキンカン2.jpg