大企業の人材を地方の中小企業に派遣 コロナ禍で支援へ~注目ニュース

・大企業の人材を地方の中小企業に派遣 コロナ禍で支援へ【NHKニュース】
この制度では、金融庁が商社やメーカーなどの大企業や大手銀行に対して地域の中小企業で活躍したい人材のリストアップを働きかけ、官民ファンドの「地域経済活性化支援機構」が管理するリストに人材を登録。そのうえで、地域の金融機関が取引先の企業からニーズをくみ取り、リストをもとに経験と能力のある人材を紹介する仕組みだそうです。新型コロナウイルスの影響が長期化する中、事業再生などの経験が豊富な人材を通じて、ビジネスモデルの転換を迫られる企業などの支援につなげるねらいで、この制度を利用した中小企業は人件費に充てる経費の一部が補助されるということです。続きは、【NHKニュース】で。

・養父産ニンニクの新ソース開発 アルバム会社とオリバーソース【神戸新聞】
国家戦略特区の兵庫県養父市でニンニクを栽培するアルバム大手のナカバヤシ(大阪市)と、オリバーソース(神戸市中央区)は、兵庫県養父市産ニンニク入りのウスターソースを共同開発。形がふぞろいなニンニクなどを有効活用。うまみの強さが特長で、さまざまな料理に合うということです。続きは、【神戸新聞】で。